JALの忘年会は飲酒厳禁?!

今年のJALの忘年会は、続いてしまった不祥事によりお酒なしで行なうとか。なんだかかわいそうな気もする…

カウンター業務中のJALのCA
カウンター業務をするJALのCA


不祥事続きでも、厳格化し過ぎは逆効果では…

従業員が飲酒により逮捕されたり、不詳事が起きたための対応策として、JALはグループ全体で忘年会・新年会等でしばらくはお酒を自粛するお達しが出たとか。自粛するのは結構だが厳格にし過ぎはるのはちょっとかわいそうな気もする。

自己をコントロールできなくなったり、お酒の上での問題行動を起こすのは、グループ全体の中ではほんの一部の人だろうし、そういうタイプの人は数万人を抱える企業・団体の中には必ずといってよいほど含まれているのではないだろうか。

また、航空会社はその業務の性質上、日々不規則な勤務体系で働いたり残業も多いことだろう。老婆心ながらストレスを抱え込まないか心配でもある。

特にJALのサービスは一流である。機内の顧客サービスにしても海外の航空会社のCAと比べると、格段の差があるといつも感心している。来る日も来る日も笑顔を絶やさず、決して理想的とは言えないような客も含めてこなしているのだから、時には思いっきり日常の息抜きをする事も肝心ではないだろうか。

飛行機を飛ばすのも人間、迎えるのも人間、乗るのも人間

関わる人はみんな人なのである。ミスをするのも、カバーするのも、それを評価するのも。

上層部としては、これ以上の不祥事を出さない耐ため、また対外的な対面を保つためにも自粛指示を出したのかもしれない。会社の内部のことに口を挟むわけではないが、不祥事が出たとはいえ、勤勉に業務を行なっている大多数の社員たちのことも考慮に入れて、全体としてはもう少し寛容にできるのではないかと思う次第であります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA