お見合い報道を完全否定!石田ゆり子さんの思い出のロケ地ハノイってどんな所?グルメと旧市街と鉄道をご紹介【ベトナム旅行】

 

芸能人ってツラいですね。

ちょっとした出来事でも、いろんな書き方をされて…。

女優の石田ゆり子さんが中華料理店で数人と会食されていた件で、それが“年下デザイナーさんとのお見合いの席だったらしいというスクープがありました。

記事には居合わせた客のコメントも載せられたものの、あくまでも近くにいたお客さんが雰囲気を観察したもので、実際にお見合いかどうかまでは分かるはずもなく…。

とはいえかなりの反響があったようで、ご本人はネット上で『根拠のないこと』と完全に否定されました。

プライベートの時間の行動を想像も加えて書きたてられるのは、芸能人ならではのご苦労なんだと思います。

 

ベトナムのハノイでのロケ

 

石田ゆり子さんといえば、高校生の時にデビューしてからは、北の零年、美味しんぼ、静かなるドン、極道の妻たち、釣りバカ日誌などなど、多数のドラマや映画に出演されてきました。

 

台湾に住んでおられた時代もあり、国際派な方なんじゃないかと思います。

 

日本国内のみならず海外でもロケに飛び回り、

 

ベトナムにはスチュワーデス刑事に出演された際に、首都ハノイでのロケに来られました。

 

滞在中は、ベトナム料理を味わったり、お土産を買ったりとでいろいろ楽しまれたもよう。

 

今回はそんな楽しい楽しいベトナムのハノイの魅力を、ちょっとだけご紹介します!!

 

入り口はハノイ「ノイバイ空港」

 

ハノイを訪れるなら、ほぼココからの入国になります。

 

他にもホーチミン空港やダナン空港などもありますが、国内線に乗って乗り換えなきゃならないので、ハノイに行くなら大抵はハノイの空港に到着する便を選ぶってわけです。

 

ハノイのノイバイ空港|ベトナム旅行の入り口となる【ベトナム旅行】
ハノイのノイバイ空港

 

街ではベトナム料理をたっぷり楽しもう

 

ベトナムの空港はすべてかなり小さいので、到着後はそのままタクシーかバスで市内に向かいます。

 

下の写真は市内行のバスからホテル近くまで行って、降りた場所の目の前にあった麺料理店です。

 

ベトナムはあちこちにグルメスポットがあるので、食事処に困ることはまずありません。

 

ハノイのお勧めグルメのフォーのお店の女の子|格安で美味しいベトナム料理があちこちで食べられる【ベトナム旅行】
旧市街近くのハノイ名物のフォーのお店

ハノイの名物のフォー|格安で美味しいベトナム料理があちこちで食べられる【ベトナム旅行】
エビの入ったワンタンスープ|味も絶品のベトナム料理

 

ニラがたっぷり入って、おっきなエビもいて100円もしないお値段です。

 

さすがベトナム…。

 

格安で美味しいものがあふれていますよね。

 

また、ハノイは街の明かりも多いですし、夜景も綺麗です。

 

ハノイの夜景

 

ハノイの夜景|大量の自動車とバイクが喧騒を醸し出す【ベトナム旅行】
ハノイの夜景を流し撮り【ベトナム旅行】

 

自動車やバイクがひっきりなしに走っているので、陸橋の上など高い場所からだとキレイな写真もバシバシ撮れます。

 

翌日も美味しいベトナム料理を探しに行くことにしました。

 

やっぱり麺料理は大人気

 

生春巻きや、バインセオなども人気がありますが、やっぱりフォーなどの麺の店が一番繁盛してます。

 

座席はいつも家族連れでぎっしり。

 

きっと小さな子供連れでも安心して食べに来ることのができる、ファミレス的な存在なんでしょうね~。

 

真っ赤なアオザイを着て、おめかしをした女の子を連れた家族も見かけました。

 

ハノイのお勧めグルメのフォー店に来た民族衣装を着た女の子|【ベトナム旅行】
ベトナムの民族衣装アオザイを着た少女

 

これぞベトナム麺の王道『フォー・ボー』

 

僕が一番好きなのごこれです。

 

ベトナム料理の代表格、北部名物のフォー|格安で美味しい料理があちこちで食べられる【ベトナム旅行】
牛肉がたっぷり入った、フォーボー|約100円ちょっと

 

《フォーは麺》《ボーは牛肉》を意味するので、フォー+ボーで牛肉麺ということになります。

 

これがまた、ベトナムの牛は田んぼのそばで放し飼いにされていることもおおくて、とっても美味しいんです。

 

米粉から作った米麺と薄味のスープにピッタリ合うお味で、思い出しただけでもヨダレが…

 

ぜひ一度食べてもらいたいです!!

 

ベトナム鉄道の魅力

 

ハノイからは北部のラオカイ行きや、世界遺産のハロン湾行き、南部のホーチミン行きばど幾つかの列車が出ています。

 

情緒あふれる列車でベトナム統一鉄道の旅|ディーゼル列車のハノイ行きの車両【ベトナム旅行】
ベトナム統一鉄道のハノイとハロン湾を往復している列車

 

上の写真はハノイとハロン湾を往復している列車です。

 

ご覧のとおり、けっこう年季が入っています。

 

列車の内部も、客席のシートが木のベンチだったり窓がなかったりして、かなりレトロな雰囲気が味わえます。(腰痛の方にはきついかもしれません)

 

車窓からの景色が最高!

 

列車でベトナム統一鉄道の旅をする|ディーゼル列車のハノイ行きの車両の車窓からベトナムの景色を見る【ベトナム旅行】
ベトナム統一鉄道の車窓から田舎街を眺める

 

ベトナム鉄道の車窓からのんび~りとしたベトナムの田舎の街並みを見ていると、いろんな悩み事もふっとんじゃうような癒し効果があります。

 

列車でベトナム統一鉄道の旅|車窓から【ベトナム旅行】
三人乗りのバイクも高速道路を走る

 

東南アジアはどこもそうなんですが、ヘルメットもせずに3人乗りしているバイクなんかもよく見かけます。

 

日本だったら即捕まって叱られちゃうでしょうが、こういう「おおらか」なところが大好きです。

 

 

情緒あふれる列車でベトナム統一鉄道の旅|ディーゼル列車のハノイ行きの車両の内部の様子|貨物室【ベトナム旅行】
ベトナム統一鉄道の貨物室

 

ここは貨物室というか、行商の人たちなんかが大量の荷物を持ちこんで乗る車両です。

 

木の座席が痛くて寝にくいので自前のハンモックを持ち込んでゆったりと寝てらっしゃいます、さすがは行商の達人たち…。

 

 

情緒あふれる列車でベトナム統一鉄道の旅をする|ディーゼル列車のハノイ行きの車両の車窓から街の景色を見る【ベトナム旅行】
スマホとビデオカメラを充電しながらベトナム統一鉄道の車窓から街を見る

 

近所のおっちゃん達が集まって、ひと休みしているところを通りかかったので、

 

窓際でモバイルバッテリーからビデオカメラの充電をしながらパシャリ!

このモバイルバッテリーが優れもので、iPhoneなんかのスマホでも、USB充電機能付きのビデオカメラでも、いつでもどこでも充電できるし、しかもアンカーのモバイルバッテリーはクイックチャージ機能付きでどんな相手でも高速充電が可能。時間のない時や旅先では特にありがたい存在なんですね~。あと、2つの機器を同時に充電できるので【スマホとビデオカメラ】または【スマホとスマホ】を同時に充電することも可能です(^O^)

 

ベトナム統一鉄道の旅をする|ハノイ行きの列車の車窓から街の景色を見る【ベトナム旅行】
ベトナム統一鉄道の車窓からのんびりした田舎道を撮影する

 

ベトナム名物と言っても過言ではない帽子【ノンラー】をかぶった方が自転車に乗っていました。

 

この三角の帽子、かぶる時にはあご紐で簡単に固定できるし風通しが良くて涼しいし、暑いベトナムならではの工夫がされててとっても便利なんですよね~

 

それに、アオザイにもよく似合うんです。

 

さて次は、ハノイきっての観光名所の旧市街周辺に行ってみましょう。

 

ハノイの旧市街

 

ベトナムのハノイに来るなら、まず必ず訪れるのが旧市街「オールドタウン」です。

 

その名の通り、フランス植民地時代の建築物やベトナムの古き良き街並みがそのまま残されている観光地です。

 

そのすぐそばにあるのが、ホアンキエム湖というハノイっ子にとっての憩いの場所です。

 

いろんな催し物が行われていて、この日は夜に到着したらバイオリンの生演奏が行われていました。

 

ハノイのホアンキエム湖でバイオリンの路上演奏をする女性【ベトナム旅行】
ハノイのホアンキエム湖のほとりでバイオリン演奏をする若手バイオリニスト【ベトナム旅行】

 

けっこう本格的な演奏会で、しばらく聞き入っていました。

 

北部のハノイは、南部のホーチミンと比べて「政治と文化の街」と言われています。

 

こういう、音楽のような芸術の分野でも発展しているんでしょうね。

 

ホーチミンは人口も多くて商業は発展していますが、こういった演奏はあまり見ることがありませんもの。

 

こういうのも、文化都市ハノイならではの魅力ですよね~

 

ハノイのホアンキエム湖のほとりでヴァイイオリンの生演奏をする女性【ベトナム旅行】
ハノイでバイオリン演奏をする女性【ベトナム旅行】

 

ちなみに旧市街は、一つの通り(道路)だけではなく下の地図の周辺になります⇩

 

オペラハウス

 

ハノイにはフランスに統治されていた時代から残っている建物が幾つかありますが、このオペラハウスは代表格です。

 

ご覧ください、このゴージャス感を!!

 

ハノイ観光では外せないお勧めスポット、オペラハウスの写真【ベトナム旅行】
ハノイのシンボル的な存在感を漂わせるオペラハウス

 

大理石がライトアップされて、まるでホワイトハウスのような存在感ですよね。

 

ホアンキエム湖周辺

 

楕円形になっているホアンキエム湖の周辺は、お土産さんなどのお店や見どころが多いので、特に外せないお勧めスポットです。

 

ハノイのホアンキエム湖で遊ぶ女の子と母親【ベトナム旅行】
ハノイのホアンキエム湖で遊ぶ親子

 

祝日なんかになると、オシャレをしたハノイっ子たちでごった返すし、平日でも人通りが絶えません。

 

小さな子供も含めての家族連れで訪れる、ハノイきっての憩いの場所になっています。

ハノイのホアンキエム湖で遊ぶ民族衣装を着た女の子たち【ベトナム旅行】
正装をしたベトナムの少女|ハノイ

ハノイのホアンキエム湖でデートをするベトナム人カップル【ベトナム旅行】
デートスポットでもある湖

 

若者たちがデートに訪れることも。

 

こういう時期、ありましたよね~

 

なんとも懐かしい♬

 

 

ハノイの旧市街近くのホアンキエム湖のベトナム美女【ベトナム旅行】
ハノイの名所ホアンキエム湖に集う今どきの若者たち

 

屋台や似顔絵屋さんも

 

ハノイのホアンキエム湖で似顔絵を描く絵描き【ベトナム旅行】
路上で似顔絵を描くイラスト画家の姿も|ベトナム旅行

 

ホアンキエム湖は旧市街から南側で、地図上ではこの辺りです⇩

 

日本の公園でもよく見かけますが、似顔絵屋さんがいます。

 

30分くらいでカラーだったり、モノクロだったり、似顔絵を描いてくれますが、けっこう腕のいい絵描きさんが多くて、通行人も思わず足を止めて見入っていることが多いです。

 

旧市街を歩く時は車とバイクに気をつけて

 

ハノイの旧市街を走るシクロをよけて歩く女性【ベトナム旅行】
ベトナムの道路は車の切れ目を縫うように、立ち止まらずにゆっくりと歩く。

 

ベトナムはどこに行っても自動車やバイクの交通量がかなり多いです。

 

道路の真ん中で立ち止まらないようにしながら、ゆっくり切れ間を見つつ歩くのがコツです。

 

運転している方は、歩行者がゆっくり歩き続けるという計算で走るので、立ち止まると逆に危ないんですね~。

 

ハノイの旧市街を走るバイクに乗るアオザイを着た女性【ベトナム旅行】
バイクに乗ったオシャレなアオザイ女性もよく見かける|ハノイ

 

今回、最後にご紹介したいもう一つの見どころがロンビエン橋です。

 

ロンビエン橋

 

旧市街の突き当りのドンスアン市場のすぐ近くに、ロンビエン地区があります。

 

ロンビエンには、ロンビエンバスターミナル、ロンビエン市場などがありますが、ロンビエン駅にくっついてる『ロンビエン橋』が、ハノイでは超絶おすすめの隠れた名所。

 

1902年に完成した、歴史ある建築物です。

 

天気さえ良ければ、毎日のようにハノイっ子たちも写真を撮りに訪れています。

 

ハノイのお勧めスポット、ロンビエン橋で記念撮影をする若い女性たち【ベトナム旅行】
ロンビエン橋の鉄道橋で記念写真を撮るベトナムの若者たち

 

現役の線路の橋なので列車が走る時刻になると、線路に入った観光客ギリギリのところをゆっくりと通過します。

 

その線路の真上で記念写真を撮るんですが、日本のように叱られることはありません。

 

こういうところも、のんびりしてていいですよね~

 

ハノイのお勧めスポット、ロンビエン橋で記念撮影をする花嫁衣装を着たベトナム人女性【ベトナム旅行】
ロンビエン橋で写真を撮る正装をしたベトナム人の花嫁さん

 

ベトナムの花嫁衣裳を着た若い女性も記念写真を撮っていました。

 

すらっとした長身に、ピンクのアオザイが映えますね!!

 

ちなみに、ロンビエン橋そのものは線路というよりも線路わきの細い道路と歩道のことです。

 

自動車が通れないほどの細い道路をバイクが走り抜けていきいます。

 

ハノイのお勧めスポット、ロンビエン橋の横の歩道を歩くアオザイを着た女性【ベトナム旅行】
長さ1700mのロンビエン橋を歩いて渡るアオザイ女性

 

上の写真のアオザイを着た女性のように、歩道を歩いて渡ることもできます。

 

ただ、集団で歩くと警官に止められることもあるとか。

 

どうやら観光客が大勢でワイワイ歩いてて、つい歩道から道路にはみ出して事故にならないようにとの配慮らしいです。

 

でも僕は何度もロンビエン橋に行きましたが止められている人を見たことは一度もないので、気を付けさえすれば大丈夫かと思います。

 

今回は大人気女優の石田ゆり子さんもロケで訪れた、ベトナムのハノイのご紹介でした~

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

またお会いしましょう!

 

 

ポリフェノール

 

あなたのために厳選した3つの記事

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA