ドンスアン市場フードコートお勧めは鍋料理!ハノイ旧市街の街歩きで疲れた体に染み込む旨さ!食材も食堂に直送【ベトナム旅行】

ハノイ旧市街のドンスアン市場フードコートで食べた最高の鍋料理の写真|ベトナム旅行

ハノイ旧市街の隠れた激ウマ食堂はココだ!

ベトナム最大級の買い物スポット【ドンスアン市】に併設されているフードコート

巨大市場の真横なので、新鮮な食材が味わえます。

現地人の舌の肥えたハノイっ子達が毎日リピーターになってますが、外国の観光客も大歓迎。言葉が通じなくても全く問題ないです。

食の激戦区のハノイ旧市街で、ずっと庶民の胃袋を満たし続けてきた実力はハンパじゃないですよね。

日本でも東京の築地、大阪の中央卸市場や木津市場なんかの周りは美味しい食べ処であふれてます。

ベトナムでもそれは同じで、市場の近くでは安くて旨い食堂に出会えます。

ハノイの旧市街は見どころが密集してるので、シクロに乗るのもいいものですが街歩きしながら買い物や観光をするとよいでしょう。

お腹はペコペコになりますが、自分の脚でゆっくり歩いた方がそれだけ旅の感動も大きくなります。

では、一緒に行ってみましょう!!

ポリフェノール

市場の近くには必ず、安くて美味しい食堂があるぞ!!

フランソワ

も~、ベトナム料理のこの香り!!我慢できないよぉ!(>_<)

ハノイ旧市街のお土産屋に置いてある小物の写真|ベトナム旅行
ハノイ旧市街でお土産を買いながら散策すると時間も忘れてしまう

ドンスアン市場のフードコートはハノイ旧市街の胃袋だ!

こんにちわ、旅と人が大好きなポリフェノールです!

ハノイの旧市街は、お土産を買いながら散歩するのが定番の楽しみ方。

バインミー(ベトナム風サンドイッチ)なんかを食べ歩きしながら移動してもすぐにお腹が空いてしまします。

そう、空腹こそ最高のスパイス

ドンスアン市場はハノイ観光では外せない観光スポットなので、きっとあなたも訪れるはず。

ハノイのドンスアンはホーチミンのペンタイン市場に次ぐクラスで、ベトナム北部では最大の市場。

お土産だって何でも揃います。

ハノイのホテルに泊まったら、旧市街に行って歩きながら市場を目指してください。ドンハー門という史跡を目印にするのも分かりやすいです。

タクシーに乗って直接ドンスアン市場まで行きたい場合は、下の文字を見せるとフードコートまで連れて行ってくれます。

(ベトナムはぼったくりタクシーが多いので気を付けて)

 

Khu Ẩm Thực Chợ Đêm Đồng Xuân

(ハノイドンスアン市場フードコート)

 

ハノイの夜の旧市街を歩くベトナム人の女子高生たちの写真
ハノイの旧市街|ベトナム旅行

このフードコートの食堂には、アプリでの配達にも対応してる店があるので、ホテルまでデリバリーしてもらう方法もあります。

日本でもウーバーイーツ出前館(旧ラインデリバリー)などのー配達アプリが人気ですが、ベトナムやタイなどの東南アジアの国々でも大人気。

ハノイは比較的治安が良い街ですが、「やっぱり夜中に一人で出歩くのが不安」っていうイタイケな女性の方には配達サービスもいいかもしれませんね。

スマホにアプリを入れて注文すれば、ホテルで手軽に受け取れます。

 

まずはドンスアン市場を目指して歩こう

旧市街の中もバイクが多いので、街歩きはなるべく軽量がいいかも。

お土産を買うと荷物も多くなりますし。

女性ならアオザイをオーダーして着てみるのも優雅でいいですよ~

フランソワ

オシャレなアオザイを着てハノイの街を歩いてみるのもいいね!!

ドンスアン市場に到着

ちなみにハノイ旧市街は、端から端まで寄り道しなければ20分もあれば歩けてしまいます。

けっこう狭いエリアなんです。

でも、お勧め観光スポットの見どころはぎっしり詰まっているので、ご予定に合わせてゆっく~り回ると、いろんな発見があって楽しいですよ!

さぁ、ドンスアン市場の入り口が見えてきました!

ハノイ旧市街ドンスアン市場の玄関に泊まる観光ツアー用の電気バス|ベトナム旅行
ハノイの旧市街で何でも買えるドンスアン市場の正面玄関

ちなみに、このドンスアン市場は「卸し」専門の店舗もあるので、そうゆう店では小売りしてもらえないこともあるんですが、交渉次第で何とかなる事もあります。

あなたの笑顔と情熱でベトナムの商売人をメロメロにしてあげて下さい。

夜はナイトマーケットに変身

ハノイ旧市街の定番お買い物スポットのドンスアン市場で買い物を終えてバイクで買える女性の写真|ベトナム旅行
ドンスアン市場前の露店でスマホカバーを買ってバイクで帰る女性

夜のドンスアン市場の周辺は、露店であふれかえるナイトマーケットになります。

スマホカバーやメイク道具、帽子やおもちゃなどの出店がずらりと並び、音楽も大音量で流れてたり…。

昼間の方が穏やかで静かです。

喧騒がハンパないので、のんびり買い物したい方は明るいうちに訪れてください。

昼間のドンスアン市場のフードコート

昼間のまだ客が来ていないドンスアン市場のフードコートの写真
昼時間のドンスアン市場の食堂

このフードコート、昼間も営業はしてるんですが閑散として人影は少ないです。

じつにのんびりムードで本来のハノイらしい光景。

食堂の中をのぞくと、ベトナムギャルだろうかハタチくらいのスタッフが椅子に座って昼寝をしていました。

ドンスアン市場のフードコートで昼寝をするベトナム人女性スタッフの写真
昼寝中のベトナム人女性を発見

あんまりスヤスヤ寝てるし、起こすのも可愛そうなので買い物することに。

このフードコートの向かいがすぐドンスアン市場なので、5歩も行けば市場に入れます。

これはジーンズショップ。

割と安いですので眺めてたんですが、買うと荷物になりそうなので断念。

小さめのお土産やベトナムコーヒーを買うことにしました。

ハノイ最大のドンスアン市場でジーンズを売る服屋の写真
ドンスアン市場のジーンズ店

夕方から本格営業スタートのドンスアンフードコート

市場の中で値切り交渉したりしてたら夕暮れが近づいてきました。

フードコートに戻ると明かりが灯り始めています。

簡単な作りですが、内装はアジアンテイストな装飾になってますね。

ハノイ旧市街のドンスアン市場フードコートの写真|ベトナム旅行
夕暮れになり灯りを付けたフードコート

だんだん客も入り始め、賑わってきます。

やっぱり現地のベトナム人のリピーターの姿が多いですね。

椅子に腰かけてから、メニューを見ずにオーダーしてるのですぐに分かります。何が置いてあるのか熟知している…

これは、が間違いない証拠。

週末に食堂でお酒を飲みながら食事を囲むベトナム人達の写真
フードコートにどんどん入ってくる常連客たち

じつは僕もここで何度も食事しましたが、一番のお勧めは鍋料理です。

新鮮な素材で最高の鍋料理!

なんといっても、お隣はベトナム北部最大のドンスアン市場です。

新鮮な食材であふれかえってます。

市場から直接仕入れた素材を使ってるから、どう調理したって素晴らしい味になるんですが、ここの鍋には“感動”しました。

豚・鶏・牛・ミックスとあって、まず食べた鍋料理が

牛肉鍋

ベトナム旅行中に食べた忘れられないホットポット
ドンスアン市場フードコートの牛肉鍋

ベトナム風の鍋にたっぷりと辛めの出し汁が入り、トマトや菜っ葉などの野菜がたっぷり投入されてテーブルに運ばれてきます。

スープの中にはパイナップルが入ってるので、辛さの中にも甘みがあります。

また、果物の酵素が肉のタンパク質を柔らかくするので、牛肉をとってもおいしく食べることができます。

ベトナム旅行中にハノイの市場で食べた鍋料理に入れる究極の肉の写真
下味を付けて準備された、たっぷりの牛肉

肉にはショウガの細切りが混ぜ込んであるので臭みも無し。

ご覧ください、この肉の量…。

このお肉を鍋に入れ、さらにキャベツなどの野菜を好きなだけ入れてからフタをして、しばし待ちます。

野菜はカゴに入れて肉と一緒に運んでくれるのでいくらでも入れてOK。

どれだけ食べても料金は変わりません。

旅の途中には不足しやすいビタミンをたっぷり補給しちゃいましょう。

下の写真ではキャベツを放り込んでますが、これはヨーロッパで『貧乏人の医者』と言われるくらい健康に良い野菜。ビタミンやミネラルを豊富に含んでます。

他の野菜たちも超がつくぐらい体にいいので、旅先で鍋料理を食べる時にはガンガン入れてます。

野菜たっぷりのベトナム風鍋料理|パイナップルや果物も入っているので辛いだけでなく甘い
体に優しい野菜をベトナム鍋にたっぷり入れて栄養補給

そして、蓋をしてしばし待ちます。

コンロの部分はたまに炭の燃料を使ってるトコも見かけますが、ハノイは固形燃料の店が多いです。

多分、灰が飛び散るのを防ぐためかと…。

直火で熱するベトナム式の鍋料理の過熱方法|ハノイドンスアン市場の食堂
火力もなかなか強い

鍋料理って、待ってる時間も楽しいですよね。

蓋を開けるまでのワクワク感。

今、この鍋の中で食材達の身にどんなことが起きているんだろうと妄想が止まりません。

そろそろ開けてみようかな~

 

ジャ~ン!!

ハノイ旧市街のドンスアン市場フードコートで食べた最高の鍋料理の写真|ベトナム旅行
ベトナム風ビーフホットポットの完成だ!!

肉にもイイ感じに火が通ってます。

ベトナム料理に欠かせないヌックマムの香りも広がってくる。

(伝統的な定番の調味料ヌックマムの産地についてはフーコック島のヌックマム工場で伝説の調味料を手に入れろ!昔ながらの本物の作り方を見学して味見もできます【ベトナム旅行】をご覧ください)

おや?ローリエの葉っぱも入ってるようです。

そうそう、忘れちゃいけないのがビールですよね!

鍋にはやっぱり定番のハノイビールを

ハノイビールって、味は日本のビールと比べるとキリンラガーに近いような気がします。

サッポロビールのようなキレや辛さはないけど、辛めのメニューが多いベトナム料理にはまろやかなビールの方が相性がいいんです。

激辛ベトナム料理を食べながら、ハノイビールを流し込んで箸休め。という訳ですね!!

ベトナム旅行で飲んだ美味しいハノイビールの写真|2021年ハノイのドンスアン市にて撮影
ベトナム人の飲み会には必ず登場するハノイビール

普通の飲食店で出されるハノイビールは330mlのです。缶もあるけど、温度が変わりにくい瓶ビールの方が人気があります。

ただし、コップはプラスチック…。

まぁこの辺はローカルな安食堂なので良しとしましょうw

あと、忘れちゃいけないのが調味料です。

料理によって付けダレなどの調味料を付けるのがベトナム風。

鍋料理だと下の調味料セットがお皿に添えられます。

ベトナム料理には定番の調味料であるライムと岩塩とトウガラシの写真|ベトナムのハノイドンスアン市場
ベトナム料理に必須の「塩・ライム・トウガラシ」

ベトナム料理の鉄板【塩・ライム・トウガラシ】

これは、ある意味でベトナム料理の御三家。

どんな粗末な食堂にだって必ず置いてあります。

はハーブ(胡椒のことも)が入ってて、フレーバーソルトで、これにライムの絞り汁を入れます。

トウガラシはかなり辛いので、苦手ならあらかじめ外しちゃって下さい。

鍋で煮込まれた具材に、お好みで付けて味わいます。

もちろん鍋のスープそのものだけでもかなり美味しくなってますし、あんまり毎回付けると口の中が塩でしょっぱく麻痺しちゃうこともあります。

時々、アクセント的に使うといいかもしれませんね。

日本人向け定番のB級グルメ料理をドンスアン市場のフードコートで食べている写真|ベトナム旅行
盛り上がり続けるフードコートの客たち

夜が深まるにつれて、食堂もどんどん盛り上がってきます。

こういう会話の活気が、ますます食欲を刺激しますよね。

ひっきりなしにやってくる客の中には、外国人も見かけます。

日本人にもお勧めのハノイ旧市街の定番お買い物スポットのドンスアン市場の食堂の店員の気さくな女性の写真|ベトナム旅行

海鮮鍋

次に食べたのがシーフード鍋料理。

肉もいいんですが、たまには魚もいいですよね。

ハノイはちょっと内陸部にあるんですが、なんといっても隣は巨大市場。

ドンスアン市場には生けすもあるので、生きたままの新鮮な海産物がいくらでも手に入ります。

ちなみに、価格は牛肉鍋や豚肉鍋と同じです。

ハノイ旧市街のドンスアン市場の食堂で食べた激ウマシーフード鍋料理の写真|ベトナム旅行
ハノイのシーフード海鮮ミックス鍋

お皿に盛られて運ばれた中身を見ると、エビ・サーモン・イカ・アサリ・魚などなどが入ってます。

切り方はけっこうおおざっぱで、漁師風シーフードミックスといったところ。

東南アジアの料理で魚というと、川魚や沼の魚が出てくることもあるんですが、ちょっと衛生的に心配。

ですが海の魚であれば安心ですよね!!

ベトナム旅行中にシーフード鍋料理とハノイビールを楽しんでいる写真|ハノイにて
こちらもハノイビールと塩・ライム・トウガラシをお供に食する

こちらもハノイビールと【塩・ライム・トウガラシ】セットと一緒に楽しみます。

たっぷりの野菜と一緒に煮込みましょう♪

ハノイ旧市街の定番お買い物スポットのドンスアン市場のB級グルメの写真|ベトナム旅行
豪華な海鮮の数々~

疲れた胃袋にも優しいあっさりした味付けです。

肉系の鍋は辛いんですが、海鮮鍋はそうでもない。

ベトナム人もお腹の調子がちょっと悪い時には、あっさり系のシーフードを食べるんですね~

鍋をあらかた片付けたら、シメは日本の鍋でもおなじみのアレです。

ポリフェノール

ベトナムでも、鍋の締めはアレを入れるんだ!!

ハノイのドンスアン市場フードコートで鍋料理の締めのインスタントラーメンを入れている写真
べトナム鍋の最後にはラーメンの乾麺を入れる

ベトナムでも鍋の締めはインスタントラーメン

鍋をつつくのが最後のほうになったら、味のついてないインスタント麺を入れてほぐしながら少し煮込みます。

日本だと“うどん”が定番ですが、べトナムやタイではこの乾麺を入れます。

スーパーに売ってる普通の袋入りのインスタントラーメンなので、袋の中にはスープの小袋も入ってます。

どうせ捨てられるんだろうから、ケチなポリフェノールはこっそり持ち帰ってホテルの部屋でお湯に溶かしてスープにして飲んでたりしてますw

このインスタントラーメンに、鍋で煮込まれたすべての具材の栄養が吸収されるので、残すことなく召し上がれ💛

ハノイ旧市街のドンスアン市場のフードコートで食事する現地の人々の写真

ベトナムの食堂の鍋料理のお値段

そろそろ料理も食べつくしてビールに心地よくなってきました。

滞在時間は1時間くらいでしょうか。

店員さんがテキパキ働くので時間も早く過ぎていきます。

ベトナム風の鍋料理をお腹いっぱい食べてビールも飲んで、お値段は幾らかというと。

ドンスアン市場のフードコートの食堂の鍋料理の価格の写真
全部で300Kドンだった

酔っぱらって間違わないように、支払う金額をスクショすることにしてるんですが、

 

300000ドン(300Kドン)

 

でした。

日本円にすると1400円くらい。

2~3人でお腹いっぱい食べて飲んで1400円…。

さすがベトナムですね!!

(価格はけっこういい加減で、店員の気分で変わったり常連になるとサービスしてくれることもあります)

鍋はこのくらいにして、いい気分でホテルに帰ったのでありました~。

ドンスアン市場フードコートの昼のメニュー

メインの営業は夜なんですが、もちろん昼間にも食事をすることができます。

例えば下の写真のハノイ名物のフォーを食べました。

値段も格安でとっても美味しい。

夜の部にはゆっくりと時間を過ごせる鍋料理もいいですが、昼だとこういう簡単に済ませられる麺料理が好まれるようですね。

ハノイの旧市街お土産スポットのドンスアン市場の食堂の絶品フォーの写真|ベトナム旅行
ドンスアン市場フードコートのフォーは魚の皮のから揚げが付いている

やっぱり付け合わせには、野菜やライムが添えられます。

野菜類はスープ熱いうちに入れて混ぜると柔らかくなって食べやすいです。

ライムも絞り入れるとさっぱりとして暑い日でも食が進みます。

あと、ここの特徴だと思うんですが、魚の皮を揚げた唐揚げがついてきます。

ちょっと硬いので、フォーのスープに浸してしばらく待ってから食べると美味しく食べられます。

フォーやブンチャーはベトナムの北部、特にハノイ名物なんですが南のホーチミンでも食べられます。

詳しくはブンチャー|ハノイ名物のB級グルメ麺料理をホーチミンで探す!食べ方も簡単|レシピと作り方も教えちゃいます【ベトナム旅行】をご覧ください。

さて、美味しいベトナム料理でお腹いっぱい胸いっぱい。

ハノイの旧市街で激ウマ食堂でお腹いっぱいB級グルメを食べて帰っていくベトナムのカップルの写真

ドンスアン市場フードコートはに直接行く場合は下の地図を参考にしてください。

営業時間などの変更もありうるので、ご確認の上ご利用下さいませ。

住所:Đồng Xuân Market, Đồng Xuân, Hoàn Kiếm, Hà Nội, VIETNAM

電話:+84975744688

営業時間:8時~20時

 

今回はハノイの旧市街の買い物スポットのドンスアン市場に併設されているフードコートのご紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!

またお会いしましょう!!

 

ポリフェノール

あなたのために厳選した3つの記事と動画

感動の短編集です!チャンネル登録と高評価もお待ちしています!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA