クアラルンプールから日帰りで行ける不思議なカニ島|マレーシア旅行

マレーシア カニ島

マレーシア観光でちょっと田舎に行きたくなったら、カニ島ことケタム島がおススメ!マラッカ海峡にうかぶ水上集落の異世界感に包まれること間違いなし。クアラルンプール駅から日帰りで行けますヽ(^。^)ノ

ツアーもありますが、自分で行けば格安で行けます(^^♪

ポリフェノール

クアラルンプールからすぐ行ける、神秘の島【ケタム島】は知っているかな?

マレーシア カニ島
マレーシア観光では外したくないカニ島、ことケタム島。

カニ島ことケタム島

そこは海に浮かぶ不思議な島

実際には浮かぶというのではなく、

島のあちこちに桟橋が作られていて

桟橋の上に家が並んでいるので、まるで村が水に浮かんでいるように見える。

実際、満潮の時は家の下が海になるので浮いているという表現でも間違いではない。

ちなみにケタムとはマレー語で「カニ」の意味で、

島にはカニが足元にうようよいた。

クアラルンプールから遠足気分で行けます。

異世界感たっぷりのケタム島に行くのは簡単。

ツアーだと1万円を超えるが、

自分で行けば格安で行って帰って来られる。

今回はクアラルンプールから向かうと仮定して、

行き方をご紹介しよう。

KLセントラル駅から

どこに行くにしても中心となるKLセントラル駅から、

電車の【2号線クランポート行き】に乗る。

2号線は、KTM Port Klang Line で赤色が目印だ。

行き先は港行き方面なので迷うことはないと思う。

マレーシアのマレー鉄道
マレーシアのマレー鉄道
マレーシアのマレー鉄道でカニ島まで
マレーシアの景色を見ながら電車に揺られる

乗り換えがある場合もあるが、その場合はスバンジャヤ駅などで乗り換える。

マレーシアのマレー鉄道 スバンジャヤ駅
マレーシアのマレー鉄道 スバンジャヤ駅

乗り換えるとしても、赤色の2号線「ポートクラン」で港方面に向かうだけなので、何も迷うことはないだろう。

下の写真は今回とは無関係のダマイ駅の案内表示だが、

このように分かりやすく案内板があるので安心だ。

マレーシアのマレー鉄道 車内の様子
マレーシアのマレー鉄道 車内の様子
マレーシアのマレー鉄道
マレーシアのマレー鉄道

近代化されていて、実に簡単。

駅からクラン港へ

電車は結構エアコンがきついので、寒さ対策はしておいた方がいい。

クランポート駅

マレーシアのマレー鉄道 クランポート駅
マレーシアのマレー鉄道 クランポート駅

クランポート駅はホームが二つだけの、古びた小さな駅だ。

そこに最新型のKTM電車が到着するので、ちょっと不思議な気分。

電車に乗っている間にタイムスリップした感じさえする。

ただ、駅の改札だけは最新式になっていた。

 

マレーシアのマレー鉄道 クランポート駅
マレーシアのマレー鉄道 クランポート駅

電車を降りてホームを見ると、

もう海の気配がする。

マレーシアのマレー鉄道 クランポート駅
マレー鉄道 クランポート駅

ホームを出る時は、トークンを改札機に入れればゲートが開く。

マレーシアのマレー鉄道
マレーシアのマレー鉄道

駅からクラン港へは、徒歩数分だ。

駅から道路に出て右に曲がるともう見える。

 

マレーシアのマレー鉄道 クラン港
マレーシアのマレー鉄道 クラン港

港の入り口は左右にあるが、

右側はインドネシア行きの国際線フェリー乗り場なので、

左側に行く。

そのままチケットを買ってフェリー乗り場に

港から出るフェリーは何種類かある。

安い順番から、

1島の人たちが使う定期船

2アリババ、エアコン付きフェリー

3少人数のフェリー

といった感じだ。

僕は往復アリババというフェリーに乗ったが、

エアコンも付いているし、トイレもあって十分だった。

価格も往復で18リンギット(約450円)

時間も、1時間おきに運行しているので乗りやすい。

所要時間は35分。

YouTubeの音楽ビデオが流れているので、

あっという間に着く。

マレーシアのマレー鉄道 クラン港
マレーシアのマレー鉄道 クラン港

たぶん、一番安い定期船はこれだと思う。

往復15リンギット(約375円)

まさに庶民の足だ。

マレーシアのマレー鉄道 クラン港
マレーシアのマレー鉄道 クラン港

定期船だけあって、

便数も多い。

マレーシアのマレー鉄道 クラン港
クラン港のフェリー時刻表

値段は高いが、高速先もある。

ケタム島の帰りはそのままルートで

島の観光の話はまた今度詳しく書こうと思う。

帰り道は逆に戻るだけでいい。

一つだけ注意

ケタム島からの帰りのフェリーの時間を間違えないこと

ここのフェリーは時間になると容赦なくすぐ出発する。

乗り遅れると、次の船まで待たなければならない。

マレーシアのマレー鉄道 クランポート駅
マレーシア クラン港の夕暮れ

きっと、ケタム島の観光を終えてクラン港に戻るのは夕暮れだろう。

夕方になると、人影もまばらになる。

マレーシアのマレー鉄道 クランポート駅
マレー鉄道 ポートクラン駅の夕暮れ

帰り道のポートクラン駅発、

クアラルンプール行きの電車は少ない。

時間があって小腹が空いたら駅前にケンタッキーがある。

マレーシアのマレー鉄道 クラン港ケンタッキー
マレー鉄道 クラン港駅の前にあるケンタッキー
マレーシアのマレー鉄道
マレーシアのマレー鉄道

いかがでしたか(#^.^#)

謎の島、ケタム島についてはまた詳しく書きます。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ポリフェノール d( ̄  ̄)

マレーシアのマレー鉄道
マレーシアのマレー鉄道

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA