タイで食中毒らしき猛烈な腹痛と高熱に襲われ、街の薬局で抗生物質を買って乗り切った話|東南アジア旅行あるある

海外旅行の心配なこと上位に入るのが「体調不良」

帰国するまで万全の状態で最後まで楽しく過ごしたいものだが、東南アジアなどの海外では、知らない間に日本では接することのない細菌ウイルスと遭遇してしまうことがある。

世界有数の衛生的な国で生まれ育った私たち日本人の体内に、そんな未知なる微生物が侵入すると…免疫がないことに加えて体力も消耗しているので、一気に体調が悪化してしまう。

例えばホテルのレストランで食べたサラダに虫の微小な卵が付いていたり、トイレのドアノブに細菌が付着していて知らずに触れたりすることもあるし、何らかの人と人との接触で感染する病気もある。

旅行中の食中毒などの体調不良はかなりきついので考えたくもないアクシデントだが、けっしてノーリスクではないので万が一に備えて心構えだけはしておいた方がいいだろう。

萌萌

ぴえん!

急にお腹が痛くなっちゃったよ(泣)

ポリフェノール

できれば病院に行くなどして早めに対処しよう。原因が分かっていれば薬局で薬を買うという方法もあるよ。

海外旅行中の急な体調不良

実際には海外旅行中に体調を崩す旅行者は少ないが、残念ながらごく普通に観光地を回って飲食していただけで細菌に感染することもある。また、詳細は省くが、現地人と素敵な出会いと「接触」という心当たりのある方もいるかもしれない。

筆者はかなり旅先での健康状態には気を使う方で、ビタミン類などの旅行中に不足しがちな栄養素はサプリを飲んで補ったり、手洗いうがいをこまめに行うので、めったに体調が悪くなることはない。海外での仕事中に何日も寝込んだりすると、締め切りに間に合わなくて信用を落とすことにも繋がりかねないので、いつも用心している。

それでも、強烈な高熱と下痢に見舞われたことがある。思い当たるフシがあれば対策もとれるのでまだ良いが、原因不明の体調不良が最も困ってしまう。

タイの体調不良の恐怖

旅の醍醐味の一つは現地ならではの食事。どうせなら日本では経験できないグルメな食べ歩きをしたい方も多いだろう。

とはいえ…

海老・数の子・卵焼きなど熱帯の東南アジアの路上での人気の寿司屋台の写真
蒸し暑いタイでも寿司の屋台が普通に路上営業している

上の写真はタイで人気の寿司屋台だ。

屋台の食事などは特に要注意

寿司・うどん・ラーメン・すき焼きといった日本食は世界中で食べられるし、人気も高い。

あちこちに店を出しているので海外の日本食はどんなもんだろうと話のネタに食べてみるのも悪くないが、屋外の屋台は要注意。

熱帯の気候では、夜になってもかなり暑いし料理する親父が手指の消毒をきちんとしているかどうかも怪しい。

揚げ物や肉まんといった加熱したものならば比較的安全だが、寿司のようなデリケートな食品は見るだけにしよう。

フルーツやフレッシュなジュースなども、できれば手を出さない方がいい。

コラム 東南アジアの寿司

東南アジアのどこでも寿司は食べることができるが、圧倒的に値段が高い。しかも日本で食べるほどの味を出している店は皆無だ。

ネタは日本から冷凍で運んだもので、シャリは日本米を使っているが、水は現地のミネラルウォーターを使う店が多い。やはり日本米には日本の水が合うし、タイ米にはタイの水が相性がいい。

タイのバンコクにすし屋はかなり多いが、値段がべらぼうに高い。日本なら千円ほどの刺身の盛り合わせが2000バーツ(約7500円)前後することも。握り寿司も2貫で120バーツ(約450円)が相場。スーパーのテナントクラスの店だと30バーツ程度で販売されるが、衛生面がかなり不安。

ベトナムではもう少し安く、日本の相場の二倍くらい。いずれにしても現地人が気軽に入れる金額ではないので、欧米などからの海外旅行者や一部の金持ちをターゲットとしている。永住していて久々に日本食を食べたいなどの事情がなければ、帰国してからスシローやはま寿司などのチェーン店に入った方が、まだ賢いだろう。

ちなみに、海外での日本人の寿司職人の給料は20~30万円なので、東南アジアの賃金と比較するとかなり高めの設定となっている。

上のコラムに書いたように、味は別として寿司などの日本料理は海外では高級料理なので、テレビなどでもいわゆる”食通”がどや顔でコメントしているのをよく見る。

日本人のタレントが、実は詳しくないフランス料理のフルコースを食べてどこかで聞いたような感想を使いまわして言ってるのと同じだ。

なので寿司も強い憧れのまざざしで見られているものの、おいそれとは食べに行けない。そこで、見よう見まねで作って屋台で売れば通りすがりに買ってくだろうというノリで営業しているわけだが、現地の人々はけっこう満足している。

米に何かが乗っていて、形が「寿司」でありさえすればよいのだ。

突然の腹痛と高熱

話がそれてしまったが、熱帯の路上でそのまま寿司を販売している実例から、お腹に関しては東南アジアの人々は非常にタフなので、デリケートな日本人の感覚で飲み食いしていると思わぬところで細菌がお腹に入ってしまうということがご理解いただけたと思う。

マレーシアのクアラルンプールからタイに入り、レストランで食事をしてチェンマイのホテルに帰ると急にお腹に激痛が入った。

そこに高熱と激しい下痢が加わって一晩中うなされるという悪夢。手持ちの正露丸や胃薬を試しても全く効果がなく、

クレジットカードの海外旅行保険に対応してくれる病院を探して受診しようかとも思ったが、極限状態でそんな余裕はなかった。

※クレジットカード付帯の海外旅行保険は、利用できる病院が限定されている場合があるので、急病やケガの際にはカード会社に問い合わせて滞在地の病院を紹介してもらうほうがいい。

原因はウイルスなのか細菌か

筆者は医師ではないので、このサイトでは『旅行中の体調不良の際には病院を受診してください。』という安全な案内にしてあります。(何かあっても現地の病院の責任になるので)

それでも、自身の経験から現実問題としては旅先では病院に行けず、高熱に震えながら必死にネットで症状と病名を検索して薬局に薬を買いに行くケースが多い。

東南アジアでは、日本のような処方箋がなくても薬の種類や名前が分かればほとんどの薬が買える。というよりも病院に行けない人々も多いし、病院の数も不足しているので、市販の薬で治してしまうという表現のほうが正確かもしれない。

それで、薬局に行く前に自分の体調不良の原因と対処法についてきちんと理解しておくと話も早いし、ドンピシャな薬を買うことができる。

ウイルスに抗生物質は効かない

腹痛の場合も原因が細菌なのかウイルスなのかによって必要な薬が変わる。

なんでも治してくれそうで強い薬のイメージの抗生物質は細菌に効く薬なのでウイルスには効果がない。

例えば、風邪の90%はウイルスが原因なので、抗生剤は効かないし、梅毒などの細菌が原因の性感染症には抗菌剤が有効という理屈になる。ちなみに、日本の性感染症で最も多く、10代の若者に流行している性器クラミジア感染症は病原体によるもので、これにも抗生剤を使って治療が行われる。詳しくは国立感染症研究所のリンクを参照されたし。

東南アジアのタイ旅行で体調が悪くなった際に近所の薬屋で買った抗生物質ノルフロキサシンの写真
激しい腹痛3のためタイの薬局で買った300円の抗生物質Norfloxacin

野兎族と野兎病と橋本環奈と抗生物質

高熱に震えながら自分で限界まで情報収集して下調べしてホテル近くの薬局に行き、薬剤師に相談して出されたのが上の写真の抗菌薬「ノルフロキサシン400㎎」コレラ・腸チフス・尿道炎・パラチフス・感染性腸炎などに使われる薬だ。野兎病の治療にも使用される。価格はわずか300円程度。朝昼晩、少なくとも4時間以上の間隔をあけて飲み、強い薬なので決してほかの薬と併用しないように念を押された。

ちなみに野ウサギからヒトに感染する野兎病と、銀魂の万事屋の神楽などの野兎族とは無関係。もちろん実写版銀魂の神楽役である橋本環奈とも関係はない。いや、海外で熱にうなされながら野兎病に感染した可能性について考え、野兎つながりで橋本環奈長澤まさみ早見あかりが夢に出てくる程度の関係性はあるといえるかもしれない。

日本でも医師の診断に基づく処方箋医薬品として使われている抗生物質だが、普通は1回分を100㎎~200㎎×3回程度で服用されるので、400mgはかなり多い。あるいは、日本でも腸チフスやパラチフスならば400㎎を一3回服用するので、チフスと思われた可能性もある。

耐性菌が増える要因となるので安易な服用は禁物

いづれにしても、このノルフロキサシンを一度飲んだだけで高熱と激しい下痢はあっという間に治ってしまい、翌日にはまた飛行機に乗って旅を続けることができた。なので、体調不良の原因がウイルスではなく細菌によるものだったという仮説は正しかったわけだ。

ただし、抗生物質(抗菌薬)はみだりに多用すると細菌側でも生き残りを懸けて耐性を持つようになる。絶滅しないようにパワーアップして抗生物質に打ち勝つ耐性菌となってしまい、「抗生物質が効かない」病気が増えることにつながる。自己での判断は難しいところなので、できることなら海外であってもきちんとした病院に行くのが望ましい。

東南アジア諸国では日本では簡単に買えない薬でも簡単に手に入るが、それはあくまでも自己責任での最終手段と位置付けている。

ポリフェノール

あなたのために厳選した3記事と動画

チャンネル登録とイイネもお待ちしています!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。