ひったくり急増!海外旅行中はカバンや財布の持ち方に注意しよう

海外旅行中は、ほんの少しの油断で大事な時間が台無しになってしまうこともあります。安全に過ごすために気をつけなきゃいけないことの1つが「ひったくり」。今回は誰でも簡単にできる自衛策を教えます。

海外旅行ではひったくりに注意!鞄は歩道側に持とう
海外旅行ではひったくりに注意!鞄は歩道側に持とう

海外では日本とは何もかもが違う

海外旅行中は最初から最後まで安全に楽しく過ごしましょう。

ぼったくりタクシーの被害に遭ったり、宝石詐欺なんていう詐欺に引っかかると、せっかくの思い出が台無しになってしまうことも…

僕が海外で出会った人たちのほとんどはいい人たちでしたが、残念ながら旅行客をカモろうと手ぐすね引いて待ってる悪人もいます。

特に日本人は要注意

日本は治安がいいので、僕らが普段の日常生活で気にしないことでも海外では不用心だということもあります。

例えばカバンの置き方

駅の待合室やホテルのチェックインで『ちょっと目を離したスキに荷物がなくなった!』なんてことを聞くことがありますが、

日本では大丈夫でも外国は外国。

「ちょっと目を離した」時点で、もうかなり危ないんです。

目を離さなくていいように両足の間に入れて固定したり、

ほんの少しの時間、荷物から離れる場合でも持っていくようにしましょう。

最強のひったくり防止策

海外旅行中に荷物を持ち歩かなきゃいけないのは仕方ないですが、安全に持ち歩くために、出来るだけリュックのようなひったくられないカバンにすると良いですね。

また、ひったくりの手口のほとんどが「後ろからバイクで近づいてひったくって走り去る」という感じなので、

荷物は歩道側に持ち、手でガードする

といいです。

海外で歩いている通行人を見ても、たいていそうやって持っています。

財布やスマホはどうするか

ズボンの後ろのポケットには入れずに、面倒でもリュックの中にしまうなどした方が安心です。

また、万が一カバンごと失くした場合に備えて、旅行の同行者にパスポートの写真を預けたり、予備のクレジットを別の場所に保管するのも有効ですね。

 

マレーシアのマレー鉄道
電車の中や駅でも用心しよう

注意さえすれば大丈夫

ちょっと怖いことも書きましたが、海外旅行は日本にいる時よりも幾つか安全に注意すれば大丈夫です。

万が一パスポートをなくした時などのために、アジアの主な国にある日本大使館の連絡先や地図をリンクしておきます。

ブックマークしておかれれば、いざという時にも安心です。

タイ

マレーシア

中国

韓国

シンガポール

ベトナム

香港

台湾

フィリピン

インドネシア

では、楽しい海外旅行を!!

ポリフェノールでした! _φ( ̄ー ̄ )

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA