【実体験】空港の観光会社に騙されて飛行機の定価チケットを売りつけられないように!上海浦東空港がかなりヤバかった!

上海航空機内から雲を見ます

空港には危険がいっぱい!客引き、ぼったくりタクシーetc…。飛行機のチケットがあるのに別のチケットを定価で買わせようとする観光会社もあるので、チェックインカウンター付近でも気を付けなきゃいけないです。楽しい海外旅行にするためにも、知っておいた方がいいかも。皆さんが同じ危険に遭わないことを願います(-_-;)

空港内には航空会社以外にも観光会社が常駐している

珍しいケースですが、30分の飛行機の遅延によって、乗り換えるはずの次の便に乗り遅れてしまったことがありました。

もしも今、空港で怪しい観光会社にせかされていて時間がないという方は、目次からまとめに飛んでください。

空港の指紋認証に時間が

わずか30分の遅れだったので、スムーズにいけば乗り換えられるはずだったのですが、指紋認証で手間取って余分の時間が…

その件は中国人のおばちゃんを味方につけて航空会社に次の振り替えの便とホテルの手配はしてもらえたんですが、次の日に再び空港に行ってからが問題でした。

その時の話はこちらをどうぞ(;^_^A

海外旅行で飛行機に乗りそびれた場合にするべきこと、しないほうがよいこと!~中国の空港での遅延~

航空会社に手配されたホテルで一泊して、空港に向かい、次の振り替えの便を手配してもらうことに成功!

振り替え便のチケットは航空会社のカウンターでは渡されない

急ぎだったためか、航空会社によって手続きが違うのか、振り替え便のチケットは親切な航空会社のお兄さんによってパスポートを見ながら手配してもらえたものの、チケットそのものとかEチケット控えのようなモノは航空会社のカウンターではもらえずに、

「手配できたので、このままチェックインカウンターに行ってパスポートを渡してください。」

て言われました。

振り替えの便が手配されているということが分かる、形のあるものがないので、なんだか不安になったものの

言われるがままにチェックインカウンターに行きました。

グルになってる??

そうすると、チェックイン待ちの列に並ぼうとするときにいつもいる空港のスタッフに呼び止められて、「どこ行きのチケットを持っているか」と聞かれました。

(振り替え便を手配してもらったカウンターはすぐ近くなので、見てたのかも…)

『関西まで行くけど

遅延で振り替えの便を手配してもらったばかりで

このままチェックインカウンターに行けばいいことになっている』

と話したところ(これが余計だった)

「ダメです、ちょっと待って」と止められてしまい、

目で合図して別のスタッフを呼んでいました。

「いや、航空会社と話は出来てるから

チケットはあるはずなんだけど」

と言っても聞いてもらえず

日本語ができる観光会社のスタッフが来て振り替え便が手配されているかどうか、こちらで確認するからついて来るようにと言って、僕のカートを荷物ごと持って先に行ってしまう。

しょうがないので一緒に行くと航空会社と同じようなカウンターへ

そこで言われるがままにパスポートを見せるとPCで検索して、

「あなたの振り替え便は、手配されていません」と日本語で宣告される

ガーン(-_-;)

「今から買えるかどうか確認しますね」

と言って、今から乗るであろう便と同じような便がないか探し始めた。

日本に帰るところだったので、関空までのチケットやら、他にも

「代わりに沖縄空港は近いか?」

「新千歳はどうか?」

などと言ってくる

いや、沖縄も北海道も、大阪(関西空港)からめちゃくちゃ遠いんですけど…

中国はビザなしでは24時間しかいられない?

いや、むしろそんな遠いとこに行くくらいなら、

急ぎで帰りたいわけじゃないし、

当日チケットじゃなくてもいいから

上海にしばらく観光で滞在してから日本に帰るわ

と言ってみると、

「日本人は中国ではノービザだと24時間しかいられません、

あなたは今日中に帰国しないと大変なコトになります」

と言われるしまつ…

大変なコトって何だろう

中国は観光や通過目的の場合、15日まではビザ免除で滞在できるはずなのに

乗り継ぎだと扱いが違うのかな??

てゆうか、そもそも振り替え便が手配されてなかったってどういう意味じゃ…

まずは信頼できるところに自分で確認を

でもあんまり自信満々に言うから、ちょっぴりホントかもしれないと思って、

どういう事なのか、さっきの振り替え便を手配してくれた航空会社に確認しに行くことに。

すると、手配してくれたさっきのお兄さんが

「ちゃんと手配はされています!

あのカウンターは航空会社とは別なので無視してください!

と…

そうだったのか

お兄さんの反応で、なんだか観光会社のやり方が初めてじゃない感じがしました。

よくありそう

しかも観光会社のスタッフも日本語ができるのに、ここまでおかしな話をふくらませるという事は確信犯か…

航空会社のカウンターから再び観光会社のカウンターに戻って説明すると、今度はあっさり引き下がりました。

その後、チェックインカウンターまで同行して、僕が言おうとしていた事情を代わりにていねいに全部伝えてくれました。

まるでチェックイン手続き中に僕に余計なことを言わせないかのように…

買わされそうになったチケットの金額

僕は海外で誰かに金額を言われたら、

スマホで日本円に計算すると幾らになるか確認しながら

記憶が間違わないように毎回その額をスクショで残しておくようにしています。

今回もそうしました。

例の観光会社のスタッフにも直接見せて確認したので間違いはありません。

空港で飛行機のチケットを買わせる詐欺に遭いそうになった
上海浦東空港の観光会社に売りつけられそうになった定価のチケットの価格

当日の同じ時間帯のチケットの中で一番安いのが

「7438元」 (日本円だと約12万4千円です)

とのことでした。

これを買って帰らないと、どうやら【大変なこと】になるらしい。

そして次から次に

「残りの座席がないから早く買わないといけない

クレジットカードですぐ買えるから、早く出して」と。

(この記事を書いている今、スカイスキャナーで検索したところ、今日の土曜日のJALの当日チケットでも5万円以下で上海から大阪に帰れる)

さらに少し待てば中国から日本への便なんて、LCCでさらに安いのが幾らでもあるはずですよね。

慌てないことです

ただでさえ飛行機が遅れて予定がズレているので混乱していましたが

こういう場合には、まず慌てないことと自分のペースを保つことが大切です。

「残りの座席が少ないから」

とか

「時間がないから」

と言われても冷静に考えましょう。

2倍以上の価格のチケットを買うことになりかねません。

海外では、人の話をうのみにせずに、

本来の自分が持っているはずのチケットの航空会社に

自分で直接問い合わせることが重要ですね。

まとめ

空港のスタッフにチェックインカウンター前で呼び止められてチェンジする

観光会社の言い分

・あるはずのチケットが「手配されていない」

・早くしないと座席がなくなる

・中国はノービザだと24時間しか滞在できない

・今日中に帰らないと大変なことになる

航空会社の言い分

・手配されています

・無視してください

こんなところでしょうか。

くれぐれも慌てずに、

せめて自分でネットにつないでスカイスキャナーで検索して買うなどして、

海外旅行では自分の必要なチケットを適正な価格で買うようにしましょう。

読んでくれてありがとうございました

ポリフェノール (^O^)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA