台北桃園空港の無料Wi-Fiの使い方-iPhone【台湾旅行】

台湾の台北桃園空港に到着したあと、無料のWi-Fiを使います
台湾の入国スタンプには”中華民国”と書かれています

こんにちわ!

旅と人が大好きなポリフェノールです!

今回は、台湾の空の玄関

 

「台北桃園空港」

フリーWi-Fiを使う方法です。

 

空港には幾つかパスワード不要のワイファイが飛んでますが、

やはり公式ワイファイを使った方が安心。

乗り継ぎのトランジットや、飛行機待ちで空港で待機することもありますが、そのためだけにSIMカードを買うのもちょっともったいないですもんね。

そんな時は無料Wi-Fiを使いましょう!

 

※誰がつなげてるか分からないので、念のためクレジットカード番号などの重要な情報の入力はくれぐれも避けてください。

 

飛行機を降りたら、まずはスマホの通信環境を整えよう。

 

台湾はワイファイなどの通信環境が抜群です。

旅行者用のスマホのプリペイドSIMカードを買って市内観光していたら、その通信速度に驚愕しました。

台北桃園空港のSIMカードの早さがスゴい!海外スマホ事情【台湾旅行】

台湾の通信事情は、かなり発展しています。

空港のワイファイも簡単に使えるようになってます。

 

台北桃園空港の無料ワイファイ

 

まずは空港に到着。

パスポートに入国のスタンプを押してもらったら到着ロビーへ行きましょう。

 

 

 

ところどころに、無料のワイファイの看板が出ています。

その名も

「Airport Free WiFi」

 

では設定の方法ですが、

 

台北桃園空港の無料Wi-Fi

 

設定の仕方

 

ご安心下さい。

超カンタンです♬

1分もかかりません。

まず、スマホやタブレットの設定画面からWi-Fiの設定に行ってください。

 

スマホのWi-Fi設定

アイフォーンの場合はこうなります。

 

 

もし、飛行機の中で「機内(フライト)モード」にされていた場合は、

戻してください。

機内モードがオンのままだと、すべての通信ができないので、Wi-FiもSIMカードも使えません。

 

スマホの【Wi-Fi設定】を選択すると、

【ネットワーク】

に、近くを飛んでいる電波の一覧が出ます⇩

 

 

Airport Free WiFi を選ぶ

鍵マークが付いていないのが幾つかありますが、

【 Airport Free WiFi 】を選択します。

もしも一覧の中に見つからない場合は、時間を空けるか場所を少し変えてください。

ワイファイの電波が弱くて、拾えていない可能性があります。

【 Airport Free WiFi 】を選択すると、いったんスマホの中のWi-Fi 画面に表示されます。

 

 

 

が、このままでは使えません。

利用規約の確認

数秒すると、自動的に画面に利用規約が出ます。

書かれている内容は一般的なWi-Fiの免責事項と同じです。

簡単に書くと、

・暗号化されていないので、セキュリティに気を付けてください

・2時間で切れます(つなぎなおすだけでOKです)

・迷惑行為はしないでください。

という内容ですね。

 

利用規約が表示されます。

 

【お知らせ】

海外旅行中の突然のケガや病気に備えて、旅に持って行くだけで無料の海外旅行保険がついてくる【エポスカード】はいかがですか?

 

 

登録も年会費もずっと無料です。

旅の安心にぜひ!

 

 

 

 

ざっと読んで、大丈夫なら

【同意】を選択します。

当然ですが、不同意を選ぶと使えません…。

こういうところが漢字で書かれていると、なんとなく分かるので台湾は旅しやすいですね。

さぁ、これでログイン完了です。

ワイファイがつながってるか確認します。

さっきのWi-Fi設定の画面に【Airport Free WiFi】と表示されていれば、無事に設定が完了しています。

 

 

きちんと設定できた状態

 

iPadでも同じ設定でつながります

Wi-Fiの設定を開くとズラーっと出ますが、エアポートフリーワイファイを選んで利用規約に同意すれば使えます。

 

 

気になる速度は?

 

桃園空港のワイファイは、

場所によってかなり差がありました。

 

時間つぶしの穴場はサブウェイ

 

例えば、地下のコンビニから1階に上がってくるエスカレーターの前に“サブウェイ”があります。

ここはソファーも柔らかくて、長時間の待機にも理想的な場所。

電源もあって充電できます。

もちろんUSBソケットもOK。

寝っ転がって休んでいても叱られませんし、すぐそばに警備員がいるので夜でも安全です。

(置き引きには気をつけてください)

僕は地下で弁当とビールを買ってきて8時間ほど寝てました。

 

台北桃園空港のサブウェイで夜を明かす

 

でも、この場所は電波が悪かったです。

ダウンロードが160Kbps

YouTubeの音楽が聴けるか聞けないか、ギリギリでした。

 

 

でも、ちょっと場所を変えると約7Mbpsだったので、

無料のワイファイにしては十分かなと思います。

 

 

 

台湾に何日か滞在する場合は現地でSIMカードを購入するか、

日本からポケットWi-Fiを持って行くという方法もあります。

特に何も難しいことしなくても使えるので便利ですよね。

いろんな国で使える、こんなのもあります⇩⇩⇩

 

 

あ、それと、台湾の空港の夜はけっこう寒いです。

カゼをひかないようにご注意ください(;^ω^)

 

では、今回も最後までお読み下さり

ありがとうございました。

どうぞ台湾旅行を満喫して下さい!!

 

ポリフェノール

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA