近代ベトナムのシンボルはホーチミン統一会堂|50枚の写真を添えて旧南ベトナム大統領官邸を徹底解説します!【ベトナム旅行】

 

1975年4月30日

戦車が柵を突き破って、大統領官邸に突入!!

それが熾烈を極めたベトナム戦争が終わった瞬間でした。

その無血開城の舞台となったのが、現在は【統一会堂】として広く知られる当時の南ベトナム大統領官邸です。

今や4万ドンで見学できるホーチミン観光の代表格に。

ベトナムの歴史を肌で感じられる、超おすすめスポットです!!

今回は50枚以上の大量の写真と一緒に、どこよりも詳しくご紹介します!

 

ポリフェノール

悲しい歴史の記録が
ベトナムにはたくさん残っているよ。

ベトナム旅行の超目玉観光スポット、統一会堂の写真|ホーチミン
かつての南ベトナム大統領官邸である統一会堂
ホーチミン観光では外せない統一会堂で記念写真を撮る|ベトナム旅行
外国人観光客の姿も多い

 

統一会堂とは

 

そもそもベトナムは長い間、南北に分かれてソ連とアメリカの代理戦争をしていたので、名称も統一会堂はなく「ノロドン宮殿」「独立宮殿」と呼ばれる建物でした。

 

ベトナム人の悲願であったベトナムの統一後に「統一会堂」と呼ばれることになります。

 

統一会堂(とういつかいどう、ベトナム語: Hội trường Thống Nhất / 會場統一、英語:Reunification Palace)は、ベトナムのホーチミン市にある建物。政情が不安定だった時代に建物の呼び名もたびたび変遷し、1873年から1955年の呼称は「ノロドン宮殿」(ベトナム語: Dinh Norodom)、1955年から1975年の間は「独立宮殿」(ベトナム語: Dinh Độc Lập / 營獨立)、そして現在に至る。

ウィキペディア―『統一会堂』より引用

 

ベトナムの大統領というと、1967年の革命によって暗殺された「南ベトナムの初代ジエム大統領」が有名ですが、実はこの人は使用していません。

 

南ベトナムが成立した頃は独立宮殿として使用されていましたが、1962年に爆撃で大破した後1967年(ジエム大統領の暗殺事件の年)に立て直されたので、それ以降の大統領が使うことになりました。

 

ホーチミン観光では外せない統一会堂の写真|ベトナム旅行
ホーチミン観光の超目玉スポット【統一会堂】

 

統一会堂への行き方

 

市内を走る電車がないので、主な移動はタクシーかバスになります。

 

バスで行く

バスで行くのなら30分ごとに走っているDL1ルートのバス停で行くのがスマート。

市内をぐる~と回っている便利なバスです。

料金も超格安で50円もしません。

滞在しているホテルなどの近くから乗れそうなら、使ってみるのもいいかもしれません。

統一会堂へバスで行く場合のルート
統一会堂行きの路線バスのルート

 

タクシーで行く

運転手さんに、下の地図を見せればOKです。

グラブタクシーを使うのが一番のお勧めなので、その場合は行き先に統一会堂正面をポチっとしてください。

 

統一会堂のチケットの買い方
統一会堂のチケット売り場

 

チケットの買い方

 

外にチケット売り場があって、観光客がぞろぞろと入っていくのですぐに分かります。

 

一緒に中に入って、人数を英語で伝えるだけで買えます。

 

統一会堂の入場料は4万ドン

 

日本円で200円くらいです。

 

お得ですよね!

 

統一会堂の中へ入ろう!

 

ホーチミンの統一会堂の入り口の写真|ベトナム旅行
統一会堂の正面玄関

 

チケットを購入したら、中庭を抜けて正面玄関へ向かいます。

 

少し距離があるのですが芝生も綺麗で、噴水も楽しめます。

 

玄関前にはなぜか松の木の盆栽が…。

 

中に入ると左右に通路が分かれています。

 

ホーチミンの統一会堂の応接間の写真|ベトナム旅行

 

1階では、おもに応接間や会議室などが見学できます。

 

ベトナム戦争が終結した当時のままの姿なので、今から約45年前の姿。

 

そう考えると建物も調度品もけっこう豪華なものですよね。

 

自動車もあります。

 

ベンツやジープの展示

 

統一会堂に展示されている自動車の写真|ベトナム旅行
旧南ベトナム大統領官邸で使用されていたジープ

 

軍用車にもかかわらず、かなりきれいな状態で保存されていました。

 

きっとこの自動車で当時のサイゴン市内を走り回っていたんでしょう。

 

統一会堂の大統領の自動車の写真|ベトナム旅行
大統領の愛車

 

大統領の御用達のメルセデス・ベンツの姿も。

 

古いとはいえ、ベンツのデザインって時代を超えるものがありますよね。

 

レトロでいい感じでした。

 

大統領の家族だけでなく、南ベトナムはアメリカ側でしたから、そっちの国賓なんかも乗せたんでしょうか。

 

清潔なトイレも

 

統一会堂のトイレの写真
統一会堂のトイレ

 

自動車を見ていたら、なぜかトイレに行きたくなり探すことに。

 

館内にはトイレの場所を教えてくれる分かりやすい案内看板があるので、矢印を目指せば行けます。

 

 

統一会堂のトイレの写真
清潔でした

 

こちらもきっと当時のままなんでしょう。

 

タイルはかなり歴史を感じさせてくれるものでした。

 

それでも綺麗に掃除されていて、使いやすかったです。

 

大統領のトイレの写真|ベトナム旅行
こちらも綺麗に保たれています

 

再び館内の展示コーナーに戻ります。

 

美しい壁画

 

ホーチミン観光では外せない統一会堂の壁画の写真|ベトナム旅行

 

各国の大使を招いたり、国際会議をする場でもあった大統領官邸。

 

美しい絵があちこちに飾られています。

 

統一会堂の外観の写真|ベトナム旅行

 

建物の裏側を見ると、当時はなかったであろうエアコンの室外機があります。

 

一般の見学者への開放とあわせて、国賓を迎えたり会議にも使用されてるので、さすがにエアコン無しじゃ今はきついですもんね(汗)

 

会食の準備がされた統一会堂の応接室

 

テーブルに、ティーセットが置いてある応接室もありました。

 

きっとコップも高価なんだろうなぁと思いつつパシャリ。

 

統一会堂の写真

 

有名な会見の記念撮影の説明などもあります。

 

映画館や娯楽室も

 

ホーチミン観光では外せない統一会堂の映画館の写真|ベトナム旅行
統一会堂の映画館

 

大統領の家族が楽しむためのプライベート映画館もあります。

 

現代のような音響システムはありませんが、イスも壁も凝った作りになっています。

 

統一会堂のゲーム室のマージャンの写真|ホーチミン観光
統一会堂の娯楽室のマージャン

 

ゲームルームというか娯楽室のマージャン卓(?)です。

 

当時もこういう遊びをしたんですね。

 

ウイスキーなんか飲んで、政治や作戦の話をしながら…

 

 

統一会堂のピアノの写真|ホーチミン観光
ピアノ演奏も

 

レコードもあったでしょうが、やはり生演奏。

 

ピアノが置いてありました。

 

試奏は出来ませんでしたが、これも調律すれば使えるんじゃないかと思います。

 

統一会堂の屋上のヘリコプターの写真|ベトナム旅行

 

屋上には脱出用ヘリがあります。

 

今は誰も脱出しないと思いますが、いざという時に備えて常時待機したたのかもしれませんね。

 

統一会堂から外を見た写真|ベトナム旅行
独立宮殿とも呼ばれていた大統領官邸
統一会堂の地下にある機材の写真|ホーチミン観光
こんな機材も
統一会堂の屋上から中庭と戦車が突入した現場を見る|ホーチミン観光
正面のフェンスを戦車が突き破ってきました

 

屋上から入場ゲートの方角を見ると、統一会堂の中庭を見が見渡せます。

 

戦車の突入現場を一望できる

 

中庭は噴水を中心に芝生になってます。

 

中庭の向こうの道路側の柵にロシアの戦車「T-54」が突っ込んで、長いベトナム戦争が終わりました。

 

ニュースでは知っていましたが、実際に現地で上から見ると感慨深いものがあります。

 

では、そろそろ地下に降りてみましょう。

 

ぐっと建物の様子が変わります。

 

地下の要塞へ

 

統一会堂の地下の廊下の写真|ホーチミン観光
統一会堂の地下通路

 

大統領官邸の地下は、上空から爆撃されても持ちこたえるように作られています。

 

地上の華やかな生活空間&会議室と違って、かなり殺風景な地下基地といった印象を受けます。

 

そもそも、この大統領官邸は「独立宮殿」と呼ばれていた頃にクーデターの爆撃で大破して立て直された建物ですし、その後もベトナムは南北に分かれて政情不安が続いていたので、いつ攻撃されてもいいように作られました。

 

血なまぐさい時代だったわけですね。

 

統一会堂の地下にある秘密の機材の写真|ホーチミン観光
統一会堂の地下には戦時中の機器が多数保管されている

 

保存されているベトナム戦争中の地図や多数の機材たち

 

さまざまな機材が、当時のままの状態で保存されています。

 

まるで、電源を入れれば動き出すかのようです。

 

統一会堂の地下にある秘密の地図の写真|ホーチミン観光
オプションでガイドも付けられる

 

別グループが手配したガイドさんが、地図をもとに熱心に戦時中の状況を説明していました。

 

ちなみに英語で話してくれるガイドさんは、1時間40万ドン(約2000円)でお願いできます。

 

ベトナム戦争で実際に使われたホーチミンの地図
ベトナム戦争の作戦で使われた地図

 

きっと地下基地にいた将校たちが、こういう地図を見ながら戦況分析をしたり作戦を練ったりしたんでしょうね。

 

手書きで細かく書き込みがされていたり、人口の分布や街の弱点なども記入されているのでとってもリアル。

 

作戦好きの方にはたまらない価値があると思います。

 

統一会堂にある作戦に使われた機材の写真|ホーチミン観光

 

これは電話の切り替え装置でしょうか。

統一会堂の地下にある作戦室の写真|ホーチミン観光
地下基地の2人部屋
統一会堂の地下室の写真|ホーチミン観光
こちらは個室|上級士官用でしょうか

 

机と電話機が置いてある個室もあります。

 

大統領官邸の地下でこんな個室を使えるという事は、かなりの上級士官が使用したんじゃないでしょうか。

 

さらに廊下を歩いて行きましょう。

統一会堂の地下にある廊下の写真|ホーチミン観光
統一会堂の地下の暗い廊下は続く

 

コンクリートなので、コツコツと足音が響きます。

 

もし夜中に一人で歩いたら、かなり怖いと思います…。

 

統一会堂の電気システムの写真|ホーチミン観光

 

電気系統の制御室

 

年代物ですが、まだ動きそうでした。

 

もちろん計器にはアナログの針が使われています。

 

まるで戦争モノの映画に出てきそうですよね。

 

 

統一会堂の電圧計の写真|ホーチミン観光
統一会堂の変電版

統一会堂の地下にある秘密の機材の写真|ホーチミン観光
こちらも電気関係

 

ぱっと見は安定器のようにも見えますが、何でしょうか。

 

詳しい方がいらっしゃったら、コメントで教えてください(汗)

 

極秘機材

統一会堂の地下にある極秘の機材|ホーチミン観光

統一会堂の地下電話機の写真|ホーチミン観光

 

ベトナム戦争中の通信システム

 

主に連絡の方法として、電話機と無線機が使用されたようです。

 

無線は電話線が必要ないものの、傍受される危険も大きいので電話の方が安全だったんでしょう。

 

多くの部屋に電話機が残されていました。

 

きっと南ベトナムの各地からの連絡がひっきりなしに届いたんだと思います。

 

 

暗号解読チームの部屋かもしれない

 

無線機も大活躍しました。

 

ただし、無線は簡単に盗み聞きできますから戦争中は暗号が使われました。

 

それを解読するチームもいたはず。

 

 

統一会堂の地下に保存されている無線機の写真

 

もしかすると、この部屋で暗号解読チームが北ベトナム無線を傍受して暗号を解読したりしてたんじゃないでしょうか。

 

 

ベトナム戦争で実際に使用された無線機

ベトナム戦争で実際に使われた無線機の写真

 

さらに地下深くへ

 

地下から空港へと続く秘密の階段
空港への秘密の抜け道?かもしれない

 

地下深くへ続く、謎の階段がありました。

 

この統一会堂には大統領の部屋の奥からホーチミン(サイゴン)空港まで抜けられる地下通路があるそうなので、そこに通じてるのかも。

 

立ち入り禁止だったので確かめられませんでしたが…。

 

ちなみに統一会堂からホーチミン空港までの距離は約7Km。

 

クチトンネルなど、ベトナム戦争で掘られた地下通路はなんと長さ250Kmとのことなので、7Kmくらいどうってことないですよね。

 

きっと秘密の抜け道は実在するんだと思います。

 

 

統一会堂の地下にある緊急時用の大統領の仮眠室

 

仮眠室もありました。

 

いつも寝泊まりしていたというよりは、緊急用の仮眠ベットのような感じ。

 

統一会堂の地下基地に保存されている地図の写真|ホーチミン観光

統一会堂の地下基地に保存されている地図の写真|ホーチミン観光

 

また地図がたくさん掲示されています。

 

作戦指令室のような配置になっていて、将校たちの声が今にも聞こえてきそうです。

 

爆撃にも耐えられる作りの地下廊下
統一会堂の地下道を歩き続ける

 

この通路を一人で歩くと、まるでタイムスリップしちゃうんじゃないかって思ってしまいます。

 

トンネルを抜けたら時空を超えてベトナム戦争中だった…みたいな。

 

では、そろそろ地上に出ましょう。

 

順路に沿って進んでいくと、地上一階の厨房に出ます。

 

統一会堂の調理道具

 

ここにも調理道具が幾つか残されていました。

 

今は使用されていません。

 

ガスコンロも錆びたままになってます。

 

ミキサー

統一会堂の厨房の写真|ホーチミン観光
ガスコンロ

 

かつては大統領官邸の料理人たちが自慢の腕を振るって、食事の準備をしていたんでしょう。

 

キッチンの喧騒が聞こえてきそうです。

 

統一会堂の厨房

統一会堂の裏側の写真|ホーチミン観光

 

射撃場

 

敵軍のイラストに向けての射撃訓練場です。

 

標的まで距離はなかったので、小銃ではなくピストル用の射撃場のようです。

 

 

見学ルートの最後は裏庭に出ます。

 

庭もよく手入れされていて、美しい状態が保たれてました。

 

さすがはホーチミン屈指の観光スポットです。

 

 

疲れたらカフェでひと休み

 

 

裏庭からすぐのところにカフェがあります。

 

暑い日などは疲れやすいので、飲み物を飲んだりして休憩するのもいいかもしれません。

 

裏から小道に沿ってグルっと回ると、入り口の正面玄関に戻れます。

 

統一会堂の玄関の写真|ホーチミン観光
統一会堂の正面入り口

 

見学の所要時間

 

見学中の歩く速さや、各場所の時間配分で必要な時間は変わってきますが、およそ1時間半~2時間はみておいた方がよいでしょう。

ベトナム旅行の超目玉観光スポット、統一会堂に突っ込んだ戦車の写真|ホーチミン
統一会堂に突入したものと同型の戦車

 

いかがでしたか(^O^)

 

今回は近代ベトナムの歴史の転換点となった旧南ベトナム大統領官邸【統一会堂】のご紹介でした。

 

実際に戦争中に使われた機器や、現場を見て歴史の重みを感じてみるのもいいのではないでしょうか。

 

ホーチミンにお越しの際にはぜひどうぞ!

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

またお会いしましょう!!

 

 

ポリフェノール

 

統一会堂を右から見た写真|ホーチミン観光

 

あなたのために厳選した3つの記事

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA