コロナの感染拡大で日本からの国外脱出はあるんだろうか|もし出るなら今【海外移住】

入国審査では外国人は特別レーンへ
感染が拡大している地域を訪問した外国人への風当たりは強い

日本人が海外で優遇される時代に変化?

コロナウイルスに関連した問題から、諸外国の反応が変わって来ています。

日本からの入国者を隔離したり、発券済みのビザを無効化する国も。

日本での感染拡大がこれからも急増すれば、武漢周辺の住民が海外へ逃亡したように、日本から脱出して海外に身を隠すことを考える人も出てくるのでしょうか…

ただ、外国は日本のように入国に甘くないので、せっかくチケットを買って降り立っても、空港で入国拒否されて帰国させられることもありえます。

崩壊した日本人ブランド

これまでは海外生活ではどこへ行っても「日本人」ブランドが通用して、日本人というだけで金持ち・清潔・まじめという印象で優遇されていました。

が、今や日本人というと『コロナ対策をしない人種』扱いされることもしばしば。

鎖国していた時代のように、海外からシャットアウトに近い扱いも受けつつあります。

アジア人は全部同じ印象?

これまでは、日本人は中国人よりマナーも良くて親切なので、区別して親切にしてもらえました。

が、最近の海外でのアジア人の印象を大まかに分けると

中国は【コロナを出して広めた国】

韓国は【集団感染が広まっている国】

日本は【コロナ対策をしない国】

という感じです。

実際には日本も対策がなされてますが、他の国と比べるとかなり遅かったですから…

日本の政府が感染の危険がある中でも中国人観光客を受け入れていたことや、

その後、方針ががらりと変わったり後手に回った動き方をテレビで放送してるので、その印象が広まってるんですね。

すでに世界中が日本のコロナ対策の動き方を知っています。

 

衛生大国から転落した日本

世界中の多くの国が、コロナへの危機管理として感染拡大地域からの入国者を拒絶する動きになっています。

また、中国が公式に『日本も感染拡大が深刻』な国の一つと認めたので、日本からの渡航ができなくなる国も増えると思われます。

そうなれば、日本から海外に行けなくなるという異例の事態です。

これまでは、日本人の海外旅行者というだけで金持ちのお客様扱いされていたのが逆転して、入国してくれるなと…

日本以外の国は観光客が落としていくお金よりも、自分の国をコロナウイルスから守ることを優先させますから。

 

『日本人お断り』の国が増えるのかも

高齢者と持病を持つ方はコロナウイルス感染には要注意

コロナに感染した場合の致死率自体はさほど高くはありません。

およそ2.3%

ただ、高齢の方やなんらかの持病を持っている方は感染しないように、特に注意するように勧められています。

今後もし大流行するようなら海外に逃げるという方法も??

日本の危機管理の甘さは、企業でも自治体でも

『マニュアルにないことはできない』

『上司(会社)からの指示がないのでできない』

といった傾向に表れました。

危険は分かるけど、自分で責任は取りたくない。

誰か先に行ってくれればついて行く。

というスタンスです。

例えば日本の航空会社の対策が、海外のそれと比べて遅れたのも、クレームを恐れてマニュアルにないことを自主的にしなかったからでしょう。

初期にもしも過剰な対策を取れば一部の顧客から

やみくもに不安をあおった。

サービスの質が落ちた。

問題にするぞなどと言われます…

国からのお達しで一転

当サイトでは海外旅行を計画される方向けの情報を発信しているので、コロナウイルスの感染が始まった初期から記事を書いています。

新型肺炎コロナ❘アジア各国の対策は日本より優秀?海外旅行で一番安全な国はココ!

新型肺炎コロナウイルスー日本政府と航空会社の対応、旅行中の注意点【海外旅行】

海外の航空会社ではすでに公式サイトで注意喚起している中でも、日本の航空会社の反応はイマイチ。

本腰を入れるために、何が引き金になったかご存じですか?

国土交通省からの通知です。

なので、日本の航空会社の公式サイトのコロナ対策のページには「国土交通省の通達により…」としっかり書かれています。

何かあれば国交省に言って下さい、と責任転嫁できる状況になってようやく積極的に動きました。

では国はいつから動いたのか。

WHOが非常事態宣言を出してからです。

WHOがこう言ったんだから、我が国も安全対策をとっていこう、国民が不満を言ってもそれなら大丈夫…ということです。

決してWHOに強制力はないんですが、大義名分は立ちます。

自分で責任を取りたくないので、自分以外の上級機関や専門機関に追随する形をとったことが、日本のコロナ対策が後手に回った最大の原因の一つではないでしょうか。

 

国が強ければウイルスは封じ込められる

日本は個人の人権が重視されますが、国によっては普段から強気なところもあります。

でも非常事態においては、この強引さが役に立ちます。

そういう国では日本とは違い、感染の疑いがあれば本人の意思に関係なく強制的に隔離されて検査されます。

そこまで徹底的にやらないと、撲滅することは難しいでしょう。

例えばベトナムもその徹底的にやる国の一つで、コロナの国内感染者が20名以上出ましたが、現在はなんとゼロです。

海外の方が安全かもしれない

空港や飛行機を利用する海外渡航そのものにリスクがあるので、あえてお勧めするわけではありませんが

万が一、これから国内で大流行するようなら日本にいる方が危険ともいうことも考えられます。

中国の旅行者をシャットアウトしたために、世界中でホテルの空室が出ていますし、安いホテルなら朝食付きでも1日1500〜2000円程度で泊まれますから1か月45000〜60000円で滞在できます。

日本のアパートと変わりませんよね。

タイの秘境のサメット島ビーチの写真
コロナの不安のない常夏の国もあります

僕は現在そういう安ホテルに泊まりながら、あちこちを取材してまわっています。

東南アジアは食事も美味しいですし、なにより暖かい。

場所にもよりますが、毎日の最高気温が30℃くらいなので冬のような厳しさはありません。

 

飛行機の窓と万年筆【海外旅行】
飛行機の窓と万年筆【海外旅行】

〈当サイトでは海外旅行に持って行くだけで海外旅行保険がついてくる、年会費無料のエポスカードをご紹介しています〉

感染拡大の地域と判断されたら終わり

ただし、当然といえば当然なのですが、コロナの感染が拡大している国からの入国を認めない国が増えています。

日本国内ではまだ感染者が出ていない県もありますが、外国から見れば全て同じです。

日本が危ないと判断されればビザも出してもらえないでしょうし、出されても無効化されます。

今のところそこまで厳しくはなっていませんが、これから大幅に感染者が増えれば、日本は文字通り孤島になるかもしれませんね。

例えば、ベトナムの移民局サイトの公式ページでも「感染が深刻な地域を訪問した外国人にはビザの発給を停止します」と表示されるようになりました。

衛生大国のお金持ち日本が、今の段階でこれに該当するかは明言されていませんが、もしも出るなら早い方がいいです。

繰り返しになりますが、今の時点で海外移住を積極的にお勧めしているわけではありません。

空港のような人混みに行くだけでもリスクは上がりますし、狭い機内はもっとです。

あくまでも“もしもコロナウイルスが今後も日本で過剰に拡大感染するなら、そういう選択肢も出てくるかもしれない“

というお話でした。

一日も早くこの事態が終息することを願っています。

読者の皆様におかれましては、うがいや手洗いなどの日常的にできる対策をされて安全にお過ごし下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ポリフェノール

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA