ご当地グルメを確実に見つけたければ市場を探そう!旧市街でお土産も買えます|ハノイ・ドンスアン【ベトナム旅行】

旅行中に何を食べるか決まってなくて迷ってる時、どこを探しますか??

駅前や学校の近くもいいけど、市場の近くも名店を見つけられちゃうお勧めスポット。

ガイドブックに載ってない穴場が見つかりますよ♪

せっかくなら、誰も知らない美味しいお店で食べたいもの…。

 

ベトナムの首都ハノイで感動のB級グルメの名店を見つける!!

 

フランソワ

ね~ね~、
お腹すいちゃった~

ポリフェノール

よし!じゃあ
市場の周りを探しに行こう!

今回ご紹介するドンスアン市場近くのお店の、実際の音声です。
臨場感たっぷりなのでBGMにどうぞ♪
道路わきなので車やバイクのクラクションが大きいです。

[音量にご注意ください]
ファイルのサイズは約2MBです

 

ハノイの旧市街をぶらぶら

旅の中での思い出に残る食事との出会いは、突然訪れます。

ガイドブックに載ってる店もいいんですが、誰も知らないような店にふらりと立ち寄って、”当たり”だった時の感動は旅行ならでは楽しみ!

ベトナムのハノイは旧市街のホアンキエム湖辺りがお勧めスポット。

買い物から観光まで何でもできます。

バイクが多いので道を渡るのに苦労すると思いますが、すぐ慣れますw

車とバイクの流れを見ながら、切れ間を探して立ち止まらずにゆっくり歩きましょう。

では、ちょっと街を歩いてみましょう!!

 

旧市街からドンスアン市場

ハノイにも庶民の台所が幾つかありますが、代表的なのがドンスアン市場です。

もちろんフードコートもあるので食事も楽しめる。詳しくはドンスアン市場フードコートお勧めは鍋料理!ハノイ旧市街の街歩きで疲れた体に染み込む旨さ!食材も食堂に直送【ベトナム旅行】をご覧ください。

ドンスアン市場では、場外にまで店があふれて野菜や果物を売っています。

ハノイっ子はバイクで走りながら停車しては、道端で買い物をして家に帰ります。

まさに【元祖ドライブスルー】なのです(笑)

ドンスアン市場で買い物をするハノイの住人達
バイクのドライブスルーで、駐車場いらずのベトナム。

スポンサードリンク

旧市街はバイクに注意を

東南アジアはどこでも同じですが、

ヘルメットせずにバイクに3人乗りしてるなんてのも普通に見ます。

警察官の目の前でも平気でそのまま突っ走ってます。

そういうところが東南アジアっぽくて好きなんですが、事故には注意してください。

ハノイの旧市街も、道が狭くてもやたらにバイクが多いです。

ホアンキエム湖から北に向かって歩いて行くと、ドンスアン市場に30分くらいで着きます。

ハノイ旧市街をバイクで三人乗りで走る女性|ベトナム旅行
3人乗りも、なんのそのでカッ飛ばす!!

ハノイの住所は○○通り

旧市街を歩いてると、あちこちに露店や屋台があるので散歩しながら見てるだけでも楽しいです。

通りごとに、○○通りって名前が付いていて、場所によって集まっている店の業種が違います。

 

ハンザウ通り⇒靴やサンダル

ハンチエウ通り⇒カゴやカバン

ハンコアイ通り⇒食器や調理器具

 

といった感じですね。

なので、行きと帰りは別の道を選んだほうが、いろんな景色が見れるのでお勧めの歩き方。

ちなみに、バインミーのようなB級グルメ屋はどこの通りでもあるので小腹が空いたら食べ歩きするのもいいですね~

バインミーの値段はハノイ価格で、30Kくらいです。(140円くらい)

田舎だともっと安く食べられます。

フランソワ

あれもこれも食べたくなっちゃうよね!

ハノイの旧市街のドンスアン市場|ベトナム旅行
すべてが熱い…。ハノイ街歩き

市場に近づくと、一気に活気が増します。

毎日がお祭りのようなざわつきぶり…。

ベトナム人は生活感の熱気が違います。

時間があれば、ドンスアン市場の中も見学して下さい。

(早めに閉まっちゃいます)

ドンスアン市場はホーチミンのペンタン市場ほど売り子がしつこくなくて、買い物はしやすいです。

(狭~いので、スリなどには気を付けて)

 

今回ご紹介するのは【ブン】の人気店

 

夕方から屋台であふれるドンスアン市場前の通り

地図も載せておきますが、市場の真ん前というよりも区画の角っこに数件の美味しい麺料理の屋台があります。

昼間は肩叩き棒や茶碗なんかの雑貨屋が営業してて、同じ場所に夕方から屋台が出現します。

昼と夜の姿がガラリと変わって、慣れていても道に迷うくらい。

下の写真のように、プラスチックのテーブルと椅子が道路ギリギリまで並べられて客がわんさと集います。

この一角はハノイの中でも常連客でにぎわう”名所”です。

いつ行っても、満席に近い状態。

すぐ近くのホテルに連泊した時に何軒か食べ比べましたが、どこも美味しいのでハズレはありませんでした。

特にBún ziu gánh – cô Yếnが特に旨かったかな。

やたらと声の大きなおばちゃんが作ってて、お手伝いさんに加えて時々30歳くらいの息子がいます。

オーダーは英語は息子しかできませんので、不在だとベトナム語のみになります。

こうゆう店、多いんですよね~。

でも、価格は看板に書いてあるし、食べたいものを指さすか、写真を見せればいいので、話せなくても問題ありません。

外国人の観光客にも慣れてます。

 

観光客にはちゃっかりと値段が45Kくらいの、一番高いのを勧められます。

 

さすが商売人…!

 

まぁ、高いといっても200円くらいですな。

グーグルマップでは開店時間が夕方の17:30~となってますが、日によって準備に時間がかかることもあるので18:00以降だと確実かなと思います。

ハノイのB級グルメをドンスアン市場横のブン屋で食べる
空席のない店に、待って座るほうが当たりかも!そこに名店の匂いが…。

スポンサードリンク

美味しいブン屋の見分け方

 

美味い

安い

早い

まぁまぁ清潔(ベトナムレベルで)

 

できればそういう店がいいですよね。

フォー(平らな米麺)も、ブン(細い米麺)も、美味しくて良い店には地元民がひっきりなしにやってきます。

滞在時間は10分~15分くらいでしょうか。

注文してから届くまでに、わずか1~2分くらい。

食べるのにも時間はかかりません。

 

なので、平日の夜でも満席に近い状態をキープできている麺の店は、当たりの可能性が大です。

 

通りがかった時に空席がなくて少し待つとしても、それだけ旨いB級グルメにありつける可能性が増すんですね~

ハノイ名物のブン|ドンスアン市場横の屋台
ハノイのブンはやっぱり美味しい

僕は「フォー」も好きですが、ここハノイでは「ブン」をよく食べます。

店によって具やスープを工夫してて、揚げ玉が入ってたり、香草が多かったり…。

辛いのがお好きなら、テーブルにある“食べるラー油”みたいなのをたっぷり入れて、お召し上がりください。

※屋台ですし、お腹に自信のない方は慎重にされてください。見てると使った箸や食器は洗っていますが、ベトナム方式の洗い方ですし、日本の普通の衛生状態は期待できません。

ハノイの旧市街の古い建物
旧市街は見上げても味がありますーベトナム旅行

店の地図はコチラです。

お腹がいっぱいになったら、僕はいつも旧市街を再び散歩しながら帰ります。

何度も歩くと店が同じなので見慣れちゃうんですが、それでも楽しい街です。

ハノイにお越しの際はぜひ体感してみてください。

またお会いしましょう!!

 

ポリフェノール

 

~お勧め記事~

 

ベトナムの日本大使館と総領事のまとめ

フーコック島のヌックマム工場で伝説の調味料を手に入れろ!昔ながらの本物の作り方を見学して味見もできます【ベトナム旅行】

幻のバックハー市場の行き方と地図|モン族の希少な民族衣装が咲く!サンデーマーケットで手作りのお土産を買う【ベトナム旅行】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA