中国の田舎で出会った中華料理|超絶辛い麻婆豆腐と、薄味の麺料理|海外旅行

昆明の田舎中華料理屋とその周辺

中国の田舎で予定外の宿泊をすることになり、偶然めぐり会った屋台村で、絶品の中華料理を食べることに。どのガイドブックにもサイトにも載っていないローカル食堂の激辛の麻婆豆腐。気兼ねなく地元民が訪れる場所だからこそ本物の味がある。

飛行機が遅延になって、中国で急な一泊をすることに

レアケースだが、中国で飛行機の乗り継ぎに時間がかかって次の便に乗れず、結局次の日の飛行機に乗ることに…。

詳しくはこちらに書いてあります。

海外旅行で飛行機に乗りそびれた場合にするべきこと、しないほうがよいこと!~中国の空港での遅延~

無事に航空会社が振り替えの便を手配してくれて、翌日の便に乗れることになったが、予定外の一泊を田舎で過ごすことになった。

てっきり空港近くのホテルかなと思いきや、

思ったよりも田舎の村まで連れていかれた。

恐らく、航空会社の契約ホテルなんだと思う。

空港から離れているから、価格も抑えられているのだろう。

おかげで、どのガイドブックにも載っていないであろうローカルな場所までタダで行って一泊できた。

実際、アゴダにもエクスペディアにも載っていないホテルだったし、村もほとんどと言っていいほどネット上には情報のないところだった。

つまり、こんなことでもない限り外国人が行くことは皆無であろう片田舎という事になる。

英語ももちろん通じない。

中国大陸は果てしなく広い。

そんなローカルなところが、たくさんあるのだ。

大空港を除く山間部の小さな国際空港なら、車で30~40分も走れば、かなりの田舎にたどり着く。

遅延で泊まったホテル 中国東方航空が手配してくれた 昆明にて
中国東方航空が手配してくれた、遅延で泊まったホテル。

さっそくホテルから街に出てみた

ホテルは清潔だったし、交通量もまぁまぁある。

だが…

人がいない

ホテルの外に出ると、土曜日の夜9時前だというのに明らかに人がいないのだ。

上海などの大都市の中央部なら10時を過ぎても家族連れなどで賑わっているが、

田舎だと、こうも急に人影が少なくなるのか。

道路にはまばらに車は走っているが、歩いている歩行者がいない。

付近の食堂が早じまいしている

人がいないのだから、店が閉まるのも早い。九時ごろにはもう締まっている食堂が多かったし、

かろうじて開いている食堂も、早々と閉店作業をしていた。

空港で振り替え便の交渉をしていて何も食べる暇がなく、

迎えのワゴン車にそのまま乗せられたので、コンビニで買う余裕もなかった。

せっかくローカルな村に来たのだから、

気取った料理ではなく、田舎っぽい料理を食べたい。

少し焦りながら食堂を探し歩いているうちに時刻は10時に近づいていた。

〈次のページへ〉

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA