ホーチミンの夜の街の日本人向けのマッサージの相場はいくら?夜遊びスポットのお店の価格表から説明します【ベトナム旅行】

ベトナムのホーチミン最大の夜遊びスポット、ブイヴィエン通りのマッサージ店の料金の価格表の写真

 

ベトナムには夜遊びスポットも豊富です。

 

特に商業都市であるホーチミンは、首都の文化都市ハノイと比べても夜の街がかなり派手に賑わっています。

 

旅の途中で身も心も癒してくれるのがマッサージですが、今回は夜の街のマッサージ店の相場をご紹介します。

 

ホーチミンの夜遊びスポットは幾つかありますが、特にベトナム有数のバックパッカー街と言われるデタム通り、ブイヴィエン通り付近のお話です。

 

では、始まりはじまり~♬

 

ポリフェノール

マッサージで
癒してもらおう!

ベトナムのホーチミンの夜遊びスポットを歩く若い白人女性
人種も性別も無関係に旅人が集まるデタム通りとブイヴィエン通り
ベトナム旅行

 

迷ったらデタム通りとブイヴィエン通りへ

 

夜の街に繰り出すとして、まだどこに行こうか具体的な目当てを決めていない場合、僕はデタム通りとブイヴィエン通りに行きます。

 

その理由をいくつか挙げます。

 

理由1 安全性

 

外国人観光客が多くて比較的安全

 

夜に出かけて現地人ばかりの地区に入ると、まれに足元を見られることがあります。

 

日本の繁華街でもそうですが、入る店を間違えるとぼったくりやトラブルの被害に遭うリスクも高くなります。

 

その点、外国人が多く訪れる地区であれば日本人も多いですし、最悪の場合でも道に駆け出して助けを求めれば何とかなるので…(そんなに危険なこともないんですが)

 

なので、僕は外国人の少ない場所に夜に行く際には、なるべく現地のベトナム人の友人たちと一緒に行ってもらうようにしています。

 

 

悪役

ふっ…。
カモがネギを背負ってきたぜ!

ポリフェノール

怪しい店には入らないようにしよう!

 

理由2 価格と内容

 

サービスと料金が明朗

 

よく聞く失敗が、『お店に入ったものの看板とかメニューが分かりにくいとか読めなかった』っていうパターンです。

 

そうなると、後で『話が違う!』とか『請求金額が変わってる?!』なんてことも。

 

外国人慣れしているスポットでは、必ず料金表も英語表記ですし、サービスの内容もちゃんと説明されます。

 

なので、この点も安心ですね♬

 

 

ベトナムのホーチミンのデタム通りで働く女性たちの写真
一生懸命の働く姿も

 

客引きの女性たち

 

9月23日公園のそばの夜遊びスポットであるデタム通りブイヴィエン通りフォングーラオ通りでは観光会社では男性のベトナム人が主に客引きをしますが、マッサージ店やバーでは女性が客引きをします。

 

基本的に店先でスマホを触りながら、立ってるかイスに座ってるかして、きょろきょろしてる通行人に声をかけて、立ち止まれば交渉の開始です。

 

ホーチミンだけでなく、近くの田舎から出てきた少女たちもよく見かけます。

 

簡単な英語が通じますし、料金表を持ってたりするのでベトナム語ができなくても心配いりません。

 

ハノイとホーチミンの客引きの違い

 

ちなみにハノイのバーでは、男性が客引きをして女性が接客することも多い気がします。

 

ハノイはかなり客引きのしつこい場所がありますが、ホーチミンはくどくありません。

 

(ハノイでは立ち止まると肩を組んで、さりげなく逃がさないようにしてきます…ホントに)

 

ホーチミンは経済が潤っているせいか、料金などが気に入らなくて断れば、わりとすぐに諦めてくれます。

 

ポリフェノール


悪質な客引きには気を付けよう。

 

何事も初めが肝心。

 

最初から強引な店には、入らない方がいいです。

 

 

ベトナムと兵役

 

余談ですがベトナムは兵役の義務があるので、例外がなければ男なら20歳前後で2年間の軍隊経験に就きます。

 

つまり、ほぼすべての若い衆がガチの戦闘訓練を受けてると考えた方がいいです。

 

僕も腕に覚えがないわけではないので、日本語を教えてるベトナム人の教え子の何人かにふざけて戦いを挑みましたが、ヤバいですよ。

 

それが何かのトラブルで本気で揉めたとすると、奥からゾロゾロと出てきたりなんかすることも…。

 

良心的なお店に入りましょう

 

ベトナムのホーチミンのブイヴィエン通りの両替屋さん
夜の街の両替屋は夜中まで営業している
レートは事前によく確認して利用しよう

 

現金はどうする?!

 

人の集まる所には、お金が集まります。

 

なので、夜の街にもたいてい遅くまでやってる両替屋があります。

 

日本円から簡単にドンに両替できますし、ATMで海外キャッシングすることもできます。

 

レートは店によってだいぶ違うので、何軒か聞いてみるといいです。

 

下の記事を参考にされてください。店によって違いますが、従業員が自分の財布からドンを出して個人的に外貨を両替してる場合もあります⇩

 

また、夜の街では多額の現金は持ち歩かないでください。

 

クレジットカードもスキミングの危険もありますし、最低限がいいかなと思っています。

 

ベトナムのホーチミン最大の夜遊びスポット、デタム通りで働く女性たちの写真
ブイヴィエン通りで働く人々|ベトナム旅行

 

ブイヴィエン通りとかデタム通りって?

 

そもそもなんぞや?って方もいらっしゃると思います。

 

こんな説明が載ってました。

 

かつては1本北に平行して走るファングーラオ通りがバックパッカーに人気の通りであったが、近年ではこのブイビエン通りと交叉するデタム通りが活気がある。この2つの通りには多くの安宿、ホテル、旅行会社、レストラン、バー、屋台、露天商などが集結しており、夜遅くまで飲食店から大音量の音楽が流れるなどの大変な活気を見せ、旅人街らしい雰囲気を呈している。さらに近年はインド料理、タイ料理、スリランカ料理をはじめ中東料理、トルコ料理などの各国料理店が次々に出店し、グルメスポットとしても注目されている。また、古くからの庶民の生活ぶりも垣間見ることができる。

ウィキペディアー【ブイヴィエン通り】より抜粋して引用

 

ざっくり言うと『海外からの旅人がわんさか集まってくる”通り”で、安いホテルやレストランやバーがひしめき合ってる』って感じのトコです。

 

慣れてない方は”通り”の名前を言われてもピンとこないと思うので、地図を載せておきます⇩

 

 

タイでいうならカオサン通りのような感じで、とにかく世界中の観光客が集まってごった返してます。

 

週末だとまっすぐ歩くだけでも大変。

 

では、この辺りのお値段のお話に…。

 

ブイヴィエン通りのマッサージ店の価格は?

 

さっきも書きましたが、客引きはしつこくありません。

 

ベトナムのホーチミン最大の夜遊びスポット、ブイヴィエン通りのマッサージ店で客待ちをする女性たちの写真
ブイヴィエン通りのマッサージ嬢たち

 

座ってスマホで遊んでます。

 

ちなみに、Tinderなどの出会い系アプリやフェイズブックなどのSNSで観光客と知り合って、店に誘うパターンも多いです。

 

たぶん報奨金みたいなのが出るんじゃないかと…。

 

軽く飲み物を買うこともできます

 

ここでは、カフェも併設されてました。

 

正確に言うと、エステの店先にカフェ屋台がある感じでした。

 

繁華街の紅茶・コーヒーの価格

 

せっかくなので、飲み物の価格を見ていきましょう。

 

ミルクティー15000ドン(約70円)

 

ピーチティー15000ドン(約70円)

 

オレンジジュース15000ドン(約70円)

 

コーヒー12000ドン(約60円)

 

うん、夜遊びスポットにしては安めかなと思います。

 

では、本題のマッサージの価格です。

 

マッサージの価格

 

ベトナムのホーチミン最大の夜遊びスポット、ブイヴィエン通りのマッサージ店の料金の価格表の写真
ベトナムの夜の街のマッサージの価格の相場は…

 

全身マッサージ70分 200,000ドン(約1000円)

 

足・首・肩コース60分 160,000ドン(約800円)

 

顔マッサージ 200,000ドン(約1000円)

 

こんな感じでした。

 

同じ地区にはもうちょっと安い店もありますが、平均的な価格かなと思います。

 

どう見ても日本の1/3くらいの値段でしょうか。

 

 

チップは気持ちで

 

日本と違って多くのマッサージ嬢たちは、かなり安めの報酬で働いています。

 

彼女たちの中には、店からの支払いは収入は最低賃金を下回り、「チップをもらえることを計算に入れて」やっと生活できるという嬢も。

 

ですので、僕はチップ不要の店でもなるべく50Kドンくらい渡すようにしています。

 

せっかく何かの縁で出会って、短い時間とはいえ色々と尽くしてくれた人が生活で困るのはちょっと心が痛いので。

 

(最初に渡しておく手もあります。普通の客よりかなり親切にいろいろしてくれることが…)

 

ホーチミンなどの都会は、生活費も高いですし。

 

強引なチップの要求にはNOを

 

僕は経験したことがないんですが、まれに裕福そうな観光客相手には、料金とは別の高額なチップを要求してくる場合があるそうです。

 

チップの金額が少ないと豹変して「少ない、もっと出して!!」と攻めてくるとか。

 

店がチップの強要を了解をしているのかは分かりませんが、その勢いたるや鬼気迫るものがあるとか。

 

きっとその剣幕に押された誰かが一度支払った結果、クセになって続けてるんでしょうね。

 

普通のバイトだと時給100円ちょっとくらいの国ですから、『観光客にちょっと強気に出てみたら1000~2000円くらいチップが出てきた』とすれば、そりゃあ味をしめちゃうのも無理はありませんが…

 

コンビニで働く10~20時間分のバイト代になりますもんね。

 

といっても、ほとんどの店は真面目に普通に営業してるので、心配はいりません。

 

それより、帰り道に夜の街で客待ちしてるぼったくりタクシーに引っかかる確率の方が高いんじゃないかと思います。

 

ベトナムのホーチミンでは夜遊びスポットが豊富です
ぼったくりタクシーにも気を付けよう

 

眠らない街ホーチミン

 

マッサージの内容や質についてはまた後日書くとして、今回はこのくらいにしておこうと思います。

 

オールナイトで営業しているトコもあるので、安全に気を付けて思う存分、ベトナムの熱気を楽しんでください。

 

(営業時間や休みなどは、事前にご確認ください)

 

ベトナムのホーチミンのブイヴィエン通りのお店の写真

 

この辺りは普通のお土産屋さんとか、服屋・靴屋・B級グルメの屋台なんかもたくさんあります。

 

歩きながら気になった店にふらっと立ち寄ってみるのも楽しいですよ♬

 

ベトナムの夜遊びスポット、ブイヴィエン通りの飲食店で働く女性たち。

 

では、最後まで読んでくださいましてありがとうございました!

またお会いしましょう!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA