東南アジアのファーストフードの価格はどのくらい?ベトナムのバーガーキングの場合

ベトナムの外食の値段はいくらだろう、バーガーキングの場合

こんにちは

旅と人が大好きな旅人、ポリフェノールです!

海外旅行中は現地のものを食べるのがお勧めですが、たまには慣れた味もいいものです。

今回は、東南アジアでは世界的なチェーン店の価格が幾らくらいなのか…というお話。

海外旅行中の外食は現地のものを

旅の思い出は人それぞれ

鉄道や飛行機の窓から見た景色だったり、

人とのふれあい

観光地の絶景という事もある。

食事は外せないポイント

そして間違いなく【美味しい食事】もあるだろう。

海外での食事は、場合によっては一生の思い出になることだってあるのだ。

僕も、あちこちで食べた食事を写真を見ながら思い出すのが好きだ。

味だけでなく、その場の音や香りまでもがよみがえってくる。

それで、旅行中はちょっと奮発して思い出に残るものを食べるのがお勧めだ。

たまにはチェーン店もいいもんです

でも、毎回「こった料理」や、いかにも「外国の料理」を食べ続けていると、ちょっと日本でも食べ慣れたハンバーガーなども、つまんでみたくなる。

ベトナムの外食の値段はいくらだろう、バーガーキングの場合
ベトナムの外食の値段はいくらだろう、バーガーキングの場合。
ベトナムの外食の値段はいくらだろう、バーガーキングの場合
10万9千ドン~13万5千ドンくらいだ

世界中にあるチェーン店はハズレがないぞ

そんなときは、マクドナルドやバーガーキング、ケンタッキーなどといった

世界中どこにでもあるチェーン店に入るのも悪くない。

実際、味はどこでも変わらないので、不思議なことにちょっと安心感さえ覚えるものだ。

また、衛生面も世界基準なので安心だ。

ちょっとお腹の様子がおかしい時なんかは、マックに駆け込むのもいい。

東南アジアのチェーン店の価格は

じゃあ海外のファーストフードの値段は幾らくらいなんだろう

日本とどれくらい違うのだろう

ベトナムのバーガーキングでは

写真を見ると分かるように、11万ドン~13万ドンというくらい。

日本円だと、500円~600円くらいの計算になる。

ベトナムの給料を考えるとちょっと高めだけど、

日本人には普通かな?

客はけっこう入っている。

特に欧米系の観光客や中国人も多い。

やはり、彼らも海外で自分の国で食べたのと同じチェーン店で食べるとホッとするのかな。なんて思う。

チェーン店を利用するほかのメリット

たいてい電源が確保されているので、スマホやモバイルバッテリーの充電ができたり、

Wi-Fiも完備してある場合は、ちょっと食べながら調べものをしたり、SNSに写真や動画をアップすることもできる。

また、高額紙幣しかない場合は屋台ではおつりがないこともあるのであえてコンビニやチェーン店を利用して、おつりをもらうこともある。

ようは、うまく使うことだ。

いろんな店があるので、またいい情報があればお知らせします

(^O^)

ポリフェノール

いろいろ書いてるので、こちらもどうぞ♪( ´▽`)

海外旅行では珍しいものを食べる|バンコクのカオサン通りでサソリを食べてみた!【タイ旅行】

クアラルンプールから日帰りで行ける不思議なカニ島|マレーシア旅行

【モバイルバッテリー】は旅先では頼れる相棒|こいつなしじゃ、もはや安心して動けない。

タイの海の街ラヨーンで絶品シーフードに出会う!【海外旅行ータイ】

上海浦東空港で乗り換えとかで時間がない時!マクドナルドに直行するべき3つの理由

【モバイルバッテリー】は旅先では頼れる相棒|こいつなしじゃ、もはや安心して動けない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA